アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113210
タイトル別表記
Report of Comprehensive Periodontal Treatment of a Case of Severe Drug-induced Gingival Overgrowth with Malaligned Teeth
著者
キーワード
薬物性歯肉増殖症
Ca拮抗薬
包括的歯周治療
Drug-induced gingival overgrowth
Ca-channel blockers
Comprehensive periodontal treatment
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
降圧薬や抗けいれん薬,免疫抑制薬を服用している患者に,口腔内副作用として歯肉増殖症を生じることが知られている。今回,長期の降圧薬(Ca 拮抗薬)の服用により,歯列不正や咬合崩壊を伴う重度の薬物性歯肉増殖症を発症した患者に対して包括的歯周治療を行い,著明な歯周組織の改善を得ることができた。降圧薬(Ca 拮抗薬)の変更に関しては,他剤に変更すると血圧の上昇が認められたため変更はできず,原因因子を完全には除外できなかった。しかし,SPT により口腔衛生管理を徹底することで歯肉増殖の再発は予防できており,現在も歯周状態は良好に保たれている。
抄録別表記
Gingival hyperplasia is well known to occur as an adverse effect of antihypertensive drugs, anticonvulsants, and immunosuppressants. Herein, we report a case of comprehensive periodontal treatment in a patient with severe drug-induced gingival hyperplasia accompanied by malaligned teeth and occlusion collapse caused by intake of a Ca-channel blocker (as an antihypertensive) for over 10 years, in which marked improvement of the periodontal condition was confirmed. Changing the antihypertensive drug (Ca-channel blocker) was not possible because the drug proved essential for good control of the blood pressure, but the supportive periodontal therapy was able to prevent recurrence. The periodontal condition has been well maintained post treatment.
掲載誌名
日本歯周病学会会誌
ISSN
03850110
1880408X
cat書誌ID
AN0019129X
出版者
日本歯周病学会
61
1
開始ページ
37
終了ページ
46
発行日
2019-03-28
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系