アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113247
タイトル別表記
Intimacy Estimation of the Characters in Drama Scenario
著者
秋田, 恭佑 日立システムズ
キーワード
親密度
シナリオ対話
感情状態
intimacy degree
scenario dialogue
emotional state
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
近年,音声アシスタント機能を搭載した携帯型端末が普及し,より使い手に配慮した対話システムが求められている. 従来型の対話システムの問題点として,雑談のような非タスク型対話への対応が未熟な点があげられる.非タスク型対話 においては,ユーザとの会話を円滑かつ柔軟にするための工夫が必要となる.たとえば,ユーザの現実世界での人間関係 を考慮することによって,ユーザと親しい人物に関する話題の提供を積極的に行ったり,ユーザと親しくない(仲が良く ない)人物に関する話題の提供を避けたりすることができると考える.本論文では,演劇台本を題材に,対話中の2 者間 の人間関係を「親密度」という尺度により表現する.親密度に関わると考えられる要素として,発話の応答回数や発話中 の態度などがある.本論文では,その中でも発話中の感情状態に着目することで,高精度な親密度推定の実現を試みる. 評価実験の結果,発話役割に基づく従来手法を上回る高精度な親密度推定を実現することが出来た.
抄録別表記
Recently, a portable digital device equipped with voice guidance has been widely used, increasing the demand for the usability-conscious dialogue system. One of the problems with the existing dialogue system is its immature application to non-task-oriented dialogue. Non-task-oriented dialogue requires some scheme that enables smooth and flexible conversations with a user. For example, it would be possible to provide topics related to a person who is familiar with a user or avoid providing topics related to a person who is not a good friend with the user, by considering relationship with others in real life of the user. In this paper, we focus on the dialogue made by the two characters in a drama scenario, and tried to express their relationship with a scale of "intimacy degree." There will be such various elements related to the intimacy degree as the frequency of response to the utterance and the attitude of a speaker during the dialogue. We focus on the emotional state of the speaker during the utterance and try to realize an intimacy estimation with high accuracy. As the evaluation result, we achieved high accuracy in intimacy estimation than the existing method based on speech role.
掲載誌名
知能と情報
ISSN
13477986
18817203
cat書誌ID
AA1181479X
出版者
日本知能情報ファジィ学会
30
3
開始ページ
591
終了ページ
604
発行日
2018-06-15
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系