ID 113256
タイトル別表記
Challenges and Improvements in a Workshop-Type Class in BYOD
著者
キーワード
BYOD
ワークショップ
グループ学習
情報リテラシー
workshop
group learning
information literacy
資料タイプ
紀要論文
抄録
医療系大学1 年生を対象とした実習型の講義「医療情報処理」が,個人PC を用いたBYOD (Bring Your Own Device) 環境でのワークショップ形式で,2017 年度前期と2018 年度前期に実施された。本講義は,前半は個人課題,後半はグループ課題となるよう設計されており,マナーやコミュニケーションの重要性についても学ぶ機会を提供している。BYOD 環境では,PC 環境の違いや情報リテラシーに対する個人差等が影響し,カリキュラム設計や教員側の人的資源に課題があったが,本研究では,グループ学習がこの問題を解消する可能性を示す。
抄録別表記
The workshop-type “Medical Informatics” classes were held with first-year dental students under BYOD (Bring Your Own Device) in the first semesters of 2017 and 2018. The classes were composed of two phases with personal exercises and group exercises. The group exercises aimed to provide opportunities for students to learn étiquette and communication skills. Under the BYOD environment, there were still some problems according to differences in the PC environment and individual ability. This research shows that it is possible to solve those issues with group learning.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
出版者
徳島大学
16
開始ページ
18
終了ページ
23
並び順
18
発行日
2019-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
情報センター
歯学系