アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113946
タイトル別表記
Potassium Channels in Pulmonary Arterial Hypertension
著者
キーワード
potassium channel
Pulmonary arterial hypertension
vascular
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Potassium channels play diverse roles in regulating the behavior of pulmonary artery smooth muscle cells. In 2013, the discovery of KCNK3 (TASK1) as a new predisposing gene for pulmonary arterial hypertension (PAH) led to an update in the Nice Classification regarding the genetic origin of PAH. Decreased current via KCNA5 (Kv1.5) plays a key role in determining pulmonary arterial tone and vascular remodeling. The transformation of smooth muscle cells causes ion channel switching, such as the loss of BKca (Kca1.1) and the gain of IKca (Kca3.1), in immature proliferative smooth muscle cells and also induces cell migration, proliferation, and apoptosis resistance. Pulmonary smooth muscle cells from PAH patients demonstrate many cellular abnormalities linked to potassium channels. This review summarizes the current knowledge regarding the involvement of potassium channels in the development of PAH and discusses potential treatments to be developed in the near feature.
抄録別表記
肺動脈平滑筋細胞に存在するカリウムチャネルは多彩な種類と機能を有し,多くの生理作用ならびに病態に関与している.肺動脈性肺高血圧症(PAH)においても発症と増悪に深く関与していることが明らかになりつつある.2013年にtwo-pore domainカリウムチャネルの1種であるKCNK3(TASK1)の遺伝子変異がPAHの原因遺伝子であると証明され,第5回肺高血圧国際シンポジウム(ニース国際会議)で追加された.また,PAHでは発症原因にかかわらず,電位依存性カリウムチャネル,特にKCNA5(Kv1.5)の発現低下と活性抑制が認められ,肺動脈収縮と血管リモデリングを促進することが示されている.さらに,平滑筋細胞に認められるカルシウム活性化カリウムチャネルは,形質転換によってBKca(Kca1.1)からIKca(Kca3.1)優位に変化し,平滑筋細胞の遊走の促進,増殖能の亢進,アポトーシスの抑制などに影響を与えている.これら肺血管の収縮とリモデリングへのカリウムチャネルの役割を解明することで,新たな治療戦略が見えてくるものと期待される.
掲載誌名
日本小児循環器学会雑誌
ISSN
09111794
21872988
cat書誌ID
AN10042853
出版者
日本小児循環器学会
32
3
開始ページ
189
終了ページ
198
発行日
2016-05-01
権利情報
© 2016 Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系