アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114118
タイトル別表記
TEMPORAL VARIATION OF CARBON DIOXIDE FLUX ON OMAEHAMA IN INNER PART OF OSAKA BAY
著者
大谷, 壮介 大阪府立大学
キーワード
CO2 flux
eddy correlarion mthod
water quality
stratification
Osaka Bay
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
本研究では兵庫県西宮市に位置する大阪湾湾奥の御前浜において渦相関法を用いたCO2フラックスの時間変動およびCO2フラックスと水質の関連性を明らかにすることを目的に調査を行った.観測期間中のCO2フラックスは-0.90~0.67mgCO2/m2/sで変動しており,すべての小潮で吸収,大潮の3回の内,2回は放出を示した.また,小潮における昼間のCO2フラックスは夜間の約2.8倍の吸収を示した.CO2フラックスと表層の水質の関係性について,相関係数が0.5以上のCO2フラックスと関係性の強い変数はなかった.大阪湾湾奥におけるCO2フラックスは小潮で吸収傾向,大潮で放出傾向であり,貧酸素・無酸素状態,成層の緩和や硫化水素の発生といったイベントとの関連性は認められず,CO2フラックスは時間変動していることが考えられた.
抄録別表記
To reveal the relationship between temporal variation of CO2 flux and water quality using eddy correlation method at Omaehama beach in the inner part of Osaka Bay was conducted in this study. During the observation period, the CO2 flux fluctuated between -0.90 and 0.67 mgCO2/m2/s. CO2 was absorbed in all the neap tides, and was emited in spring tides. In addition, CO2 flux at daytime was absorbed about 2.8 times than that at night in the neap tide. There was no strong correlation CO2 flux and the surface water quality. It was thought that CO2 flux in the inner part of Osaka Bay fluctuated with neap and spring tide. Therefore, CO2 flux was effected by tide, but not events such as hypoxia, stratification and occurrence of hydrogen sulfide.
掲載誌名
土木学会論文集B2(海岸工学)
ISSN
18838944
出版者
土木学会
75
2
開始ページ
I_1015
終了ページ
I_1020
発行日
2019
権利情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
環境防災研究センター