アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114270
タイトル別表記
顎関節症病態分類(2013年)の実態調査
Investigation of actual use of the new classification for temporomandibular disorders 2013 using a self-administered questionnaire
著者
檀上, 敦 佐賀大学
覚道, 健治 大阪歯科大学
久保田, 英朗 佐賀大学|久保田歯科口腔外科医院
矢谷, 博文 大阪大学
築山, 能大 九州大学
有馬, 太郎 北海道大学
山下, 佳雄 佐賀大学
キーワード
顎関節症
顎関節症の病態分類(2013年)
DC/TMD
temporomandibular disorders
new classification (2013) of temporomandibular disorders
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
日本顎関節学会は,2013年に顎関節症の病態分類をDiagnostic Criteria for Temporomandibular Disorders(DC/TMD)に則して改訂した。改訂後約3年が経過したところで,全国の153の研修施設に対して本病態分類の導入状況と施行に関する調査を行った。調査内容は顎関節症の病態分類(2013年)の導入状況,診断方法,重複診断の採用,重複診断の際の治療優先度,臨床統計実施の有無,顎関節症の病態分類(2013年)の有用性,学生および研修医教育への有用性の8項目である。その結果,87%の施設で本病態分類を使用していた。診断方法は73%の施設で本病態分類を,DC/TMDに準拠している施設は13%であった。88%の施設で重複診断が採用され,その際の治療優先度は関節痛や筋肉痛に優先度をおいている施設が多かった。顎関節症の病態分類(2013年)に関して23%の施設が診断に「とても有用」,67%が「やや有用」と回答した。また,76%の施設で学生および研修医の教育に利用しているとの回答を得た。以上の結果から,顎関節症の病態分類(2013年)と重複診断は,その有用性から広く普及しつつあるが,今後治療優先度の指針の提示,画像診断などを盛り込んだ日本版DC/TMDの作成などが課題だと考える。
抄録別表記
In 2013, the Japanese Society for the Temporomandibular Joint announced a new classification of temporomandibular disorders (2013) based on the Diagnostic Criteria for Temporomandibular Disorders (DC/TMD). Three years later, we investigated how the classification was viewed by 153 chief medical instructors at Japanese training institutions involved in TMD treatments. We explored the usage situation, methods employed, diagnostic overlaps, treatment priorities, availability of clinical statistics, utility of the new classification, and education of students and residents. We found that 87% of facilities used the new classification. In terms of diagnosis, the new classification was used by 73% of facilities, while 13% used the original DC/TMD. Multiple diagnoses were made in 88% of facilities, many of which prioritized treatment of arthralgia and myalgia. Overall, 23% of facilities considered the DC/TMD "useful" and 67% considered it "somewhat useful". The new classification was used to educate students and residents in 76% of facilities. Thus, the new classification is spreading widely as a result of its usefulness. Guidance in terms of treatment priority and a Japanese version of the DC/TMD including imaging criteria are required.
掲載誌名
日本顎関節学会雑誌
ISSN
09153004
18844308
cat書誌ID
AN10093617
出版者
日本顎関節学会
31
1
開始ページ
16
終了ページ
23
発行日
2019-04-20
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系