アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114385
タイトル別表記
硫黄を含むメタン水蒸気改質反応でのアルミナ担持白金触媒の炭素析出と活性点
著者
渡辺, 文博 成蹊大学
鏑木, 以久子 成蹊大学
大島, 一真 成蹊大学
五十嵐, 哲 成蹊大学
里川, 重夫 成蹊大学
キーワード
Steam methane reforming
Platinum catalyst
Sulfur poisoning
Sintering
Carbon formation
Active site
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Effect of sulfur poisoning on Pt/α-Al2O3 catalysts in steam methane reforming (SMR) was investigated using dimethyl sulfide (DMS). SMR with and without 10 ppm DMS addition was performed over 0.1-2.0 wt% Pt/α-Al2O3 catalysts. Catalyst deterioration occurred at an early stage, but not inactivation in the presence of DMS. Moreover, after the supply of DMS was stopped, the activity was completely restored. DMS in the reaction gas also caused severe sintering of the Pt particles and promoted carbon formation on the 1.0-2.0 wt% Pt catalysts. On the other hand, carbon formation did not occur on the 0.1 wt% Pt catalysts. The Pt sintering and carbon formation behaviors were independent of the SMR activity. These results suggest that three different active sites are formed on the Pt/α-Al2O3. The first is a SMR active site not affected by DMS. The second is an active site that loses activity due to DMS, but completely regenerates after the supply of DMS is stopped. The third is not an active site of SMR but where sintered Pt accelerates methane decomposition to produce carbon.
抄録別表記
メタン水蒸気改質(SMR)反応を0.1~2.0 wt% Pt/α-Al2O3触媒を用いて10 ppmのジメチルスルフィド(DMS)を含む条件と含まない条件で行った。DMSを含む場合は初期に劣化が生じるが失活には至らなかった。DMSの供給を停止すると活性は完全に元に戻った。DMSを含むガスの場合は1.0~2.0 wt% Pt/α-Al2O3触媒上のPtはシンタリングして炭素析出を促進した。このシンタリングと炭素生成挙動はSMR反応と無関係であった。一方,Pt担持量が0.1 wt%だと炭素析出は起こらなかった。これらの結果からPt/α-Al2O3触媒上には三つの活性サイトが形成されたと考えた。一つ目はDMSの影響を受けない活性点,二つ目はDMSにより活性を失うがDMSの供給を停止すると完全に再生する活性点,三つ目はSMRの活性点ではなくシンタリングしたPtがメタン分解を促進して炭素を生成する活性点である。
掲載誌名
Journal of the Japan Petroleum Institute
ISSN
13468804
1349273X
cat書誌ID
AA11590615
出版者
The Japan Petroleum Institute
63
2
開始ページ
89
終了ページ
95
発行日
2020-03-01
権利情報
© 2020 by The Japan Petroleum Institute
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
eng
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系