アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115225
タイトル別表記
Influence of Acute Arm-cranking Exercise with Electrical Muscle Stimulation on Vascular Endothelial Function
上肢運動と骨格筋電気刺激の併用が血管内皮機能
著者
石川, みづき 徳島大学|中洲八木病院
東, 亜弥子 徳島大学
田村, 靖明 徳島大学
松本, 明彦 徳島大学
キーワード
上肢クランク運動
骨格筋電気刺激
上腕動脈
血流依存性血管拡張反応
血管内皮機能
Arm-cranking exercise
Electrical muscle stimulation
Brachial artery
Flow-mediated dilation
Vascular endothelial function
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
【目的】本研究は,上肢の有酸素性運動と下肢EMS の併用が動脈硬化,高血圧などのリスクの軽減に寄与することを想定し,一過性の上肢クランク運動と下肢への骨格筋電気刺激(以下,EMS)の併用が血管内皮機能に及ぼす影響について検討した。【方法】被験者は,健康な成人男性10 名であり,50% VO2 max の強度で20 分間の上肢クランク運動のみを実施させる条件(以下,A 条件),20 分間の上肢クランク運動と下肢へのEMS を併用させる条件(以下,A+E 条件)を設定した。各運動前後に上腕動脈の血流依存性血管拡張反応(以下,FMD)を測定し,標準化FMD(以下,nFMD)を算出した。【結果】A+E 条件のnFMD は,運動前と比較して運動30 分後に有意な増加を示し,運動30 分後においては,A 条件と比較して有意な増加を示した。【結論】上肢クランク運動と下肢へのEMS の併用は,上腕動脈の血管内皮機能を向上させることが示された。
抄録別表記
Purpose: The purpose of this study was to assess the effect of submaximal arm-cranking exercise with EMS on vascular endothelial function.
Methods: Ten healthy young men performed submaximal arm-cranking exercise at 50%VO2 max for 20 min. All subjects performed submaximal arm-cranking exercise alone (A) and with EMS (A+E). In the A+E trial, the submaximal arm-cranking exercise was performed at 50%VO2 max for 20 min while EMS was applied to their thigh and calf muscles during the exercise. The flow-mediated dilation (FMD) at the brachial artery was measured before and after exercise to calculate the normalized FMD (nFMD).
Results: In the A+E trial, the nFMD was significantly increased 30 minutes after exercise compared to the rest value and was increased 30 minutes after exercise compared to the A trial.
Conclusion: These findings suggest that arm-cranking exercise with EMS increases vascular endothelial function.
掲載誌名
理学療法学
ISSN
02893770
2189602X
cat書誌ID
AN10146032
出版者
日本理学療法士学会
47
1
開始ページ
27
終了ページ
34
発行日
2020
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合科学系