アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115527
タイトル別表記
海鳥を対象としたセンシティビティマップ
Sensitivity mapping for seabirds and offshore wind power farms : A case study of Slaty-backed gulls in Hokkaido
著者
佐藤, 夕夏 帯広畜産大学
赤坂, 卓美 帯広畜産大学
藪原, 佑樹 徳島大学
風間, 健太郎 早稲田大学
キーワード
海鳥
環境影響評価
再生可能エネルギー
GPS
Collision risk assessment
seabird conservation
renewable energy
wind turbine
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
洋上風力発電は陸上風力発電よりも極めて大きな発電量を持つことから、近年気候変動問題の緩和策として最も有力視されている再生可能エネルギーのひとつである。その一方で、風車への海鳥の衝突等、野生動物への影響も懸念されている。このため、海鳥の生息に配慮した風力発電事業計画のための実用的なセンシティビティマップが求められるが、多くの国で作成されていない。本研究は、海鳥類への影響を最小限にとどめることを目的に、オオセグロカモメ Larus schistisagusをケーススタディとし、本種の生息場選択に関わる要因を明らかにし、センシティビティマップを作成した。 2018年 6-8月に、北海道道東地方に生息するオオセグロカモメ 6個体に GPSロガーを装着し 5分間隔で利用場所を特定した。オオセグロカモメの利用頻度は海水面温度、クロロフィル a、および営巣地からの距離が関係しており、海水面温度やクロロフィル aの上昇に伴い増加し、営巣地からの距離に応じて減少した。しかし、営巣地からの距離が 25 kmを越えた辺りからは横ばいとなった。これらの結果を用いてセンシティビティマップを作成したところ、営巣地に近接した海域だけでなく、遠方であっても潜在的に餌資源量が多い海域であれば、本種が風車に衝突する可能性が高くなることが示唆された。国内での洋上風力発電事業が計画されつつある今日では、本研究で示された手順で緊急にセンシティビティマップを作成し、事前の開発地選択に活用する必要がある。
抄録別表記
Offshore wind energy is a renewable energy source that offers an opportunity to reduce greenhouse gas emissions while increasing energy security. However, many ecologists have suggested that offshore wind farms may have severe negative impacts on wildlife, especially seabirds. Thus, balancing seabird conservation with human energy demands is necessary when developing wind farms. Bird sensitivity mapping is a powerful and practical tool that can determine turbine collision risk within specific areas; however, sensitivity maps have seldom been generated for seabirds. Focusing on the Slaty-backed gull (Larus schistisagus), a red-listed species that often collides with wind turbines, we determined factors affecting habitat selection with the goal of reducing negative impacts of offshore wind farms. We then generated a sensitivity map using habitat modeling. GPS loggers set to record at 5-minute intervals between June and August 2018 were attached to six Slaty-backed gulls residing in Ochiishi Bay, Nemuro Prefecture, Japan. A Gaussian mixed model indicated that habitat selection was related to food availability (as determined by sea surface temperature and chlorophyll a content) and distance to the nest site. Sea surface temperature and chlorophyll a content were positively related area visitation frequency of Slaty-backed gulls, whereas distance to nest site was negatively correlated. Moreover, area visitation frequency was unchanged when the distance from the nest site was > 25 km. The sensitivity map indicated that areas both near and far from nest sites with potentially abundant food resources were high-risk areas with respect to turbine collisions for Slaty-backed gulls. Based on these results, we advocate the use of sensitivity mapping to reduce interactions between offshore wind farms and seabirds, especially for species that often forage far from their nest sites.
掲載誌名
保全生態学研究
ISSN
13424327
24241431
cat書誌ID
AA11857952
出版者
日本生態学会
25
2
開始ページ
1928
発行日
2020-11-10
権利情報
著作権は著者に帰属する。再利用に関しては CC BY 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/) に従う。
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
理工学系