アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115674
タイトル別表記
Realizing Community Invigoration and an Inclusive Society through International Human Resources : Findings from an Open Studies Course at Tokushima University
著者
長田, 有加里 国際協力機構
米林, 徳人 国際協力機構
キーワード
外国人材受入れ
地域活性化
共生
資料タイプ
紀要論文
抄録
我が国では,グローバル化及び少子高齢化・人口減少が進む中,外国人労働者の積極的な活用が喫緊の課題となっている。但し外国人材の獲得は,国内の地域間だけでなく国際的な競争にもさらされているため,彼らの我が国及び徳島への定着を促し,産業の維持・発展並びに地域活性化と共生を実現していくには,各地域社会において具体的な方策が求められる。こうした問題意識のもと,JICA 四国と徳島大学は2019 年に連携して公開講座を実施した。本稿は,その講座内容を整理し,実施成果より今後の展望を考察するものである。
本稿での考察を産学官民の観点から整理すると,①産業界においては,外国人と日本人の双方にとって生産性の高い労働環境を整備し,国内外でのビジネス展開強化の意識を持つこと,②学術界においては,地域社会及び経済の発展に資する研究成果の社会実装と,グローバルな視野を有し,地域に貢献できる人材の育成・輩出を促進すること,③行政においては,外国人一人ひとりの生活及び労働面等の異なるニーズに寄り添い,柔軟に対応する姿勢を持つとともに,地域全体で外国人の受入れと共生に向けた意識を育むための環境を醸成していくこと,④市民社会においては,外国人を地域に住む仲間として受入れ,彼らと協働しながら誰にとっても住みやすいまちづくりを促進していくこと,が今後の展望として析出された。今後,それぞれの業界が上記課題を具現化し,かつ効果的に連携できる方途を模索しながら,戦略的な地域活性化及び外国人材との共生に向けた前進が期待される。
掲載誌名
人と地域共創センター紀要
ISSN
24351822
24352195
cat書誌ID
AA12890261
出版者
徳島大学人と地域共創センター
30
開始ページ
39
終了ページ
58
並び順
39
発行日
2020-11-30
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
人と地域共創センター