ID 320
タイトルヨミ
グラフィック デザイン ノ ヘンヨウ ト ダイガク ショウガイ ガクシュウ プログラム エノ オウヨウ ニ カンスル ケンキュウ ソノ1 : コウトウ キョウイク キカン ニオケル カリキュラム ノ トクシツ ト コンニチテキ カダイ
タイトル別表記
A Study concerning the Recent Transformation of the Graphic Design and It's Application to the University Lifelong Learning Programs: Part 1 : Focusing on the Curriculum Characteristics and the Today's Issues in the Higher Education Organizations
著者
廣渡, 修一 徳島大学大学開放実践センター
吉岡, 一洋 専門学校穴吹カレッジ
資料タイプ
紀要論文
抄録
本稿の前半では,19世紀末以降の西洋美術史を踏まえつつ,グラフィックデザインの発祥とその変容過程について素描した。また,後半では,グラフィックデザイン教育の在り方やカリキュラムの特質,並びにそこにおける諸課題について,高等教育機関を事例として要説し,その上で,大学生涯学習の場面におけるカリキュラムの課題について検討した。グラフィックデザインは,現在,WEBデザインと急速に合流・融合しつつある。従って,カリキュラム内容には,多様なアプリケーションの学習が要請されるが,単に実用的な諸能力に関わる内容のみならず,歴史や理論的諸問題に対する知識が重要となる。また,職業人としての人間性や,その基盤を形づくる規範意識や価値観等の啓培も必要である。筆者らは,最終目標として,グラフィックデザインを大学生涯学習の場面に導入するための実践的なカリキュラムの開発を念頭においている。本稿では,その理論的枠組みを仮説的に提示した。一般に,生涯学習の課題の一つは,学習者におけるレベルやニーズの多様性に対する対応にある。大学生涯学習,その典型的形態である公開講座におけるカリキュラムは,その構造において,多様性と柔軟性を内包することが不可欠である。これらを前提にして,次の課題,すなわち実践性に富むカリキュラムの開発に歩を進めたい。
抄録別表記
The first half of this paper describes the origin of graphic design and its transformation process, based on the history of Western Arts since the end of the 19th century. The second half of the paper, referring to a case study of some higher education institutions, examines contemporary issues, including the present state of education for graphic design, characteristics of its curriculum and major problems. On the basis of the latter, some future challenges for curriculum are discussed in the actual scene of university lifelong learning. At present, graphic design is being merged into web design at high speed. Therefore its curriculum is now requested to include studies of various applications, not only those for acquiring practical skills, but also those for learning its history and theory. Additionally, it is required to heighten students' awareness of humanity as a professional, as well as to enhance their respects for social norms and their sense of value that are served as foundation of their humanities. Our ultimate goal is to develop 'practical curriculum' for graphic design that can be applied to the actual scene of university lifelong learning. This paper hypothetically provides our theoretical framework for this. In general, one of the main objectives in lifelong learning is to meet the needs and levels of a great variety of learners. It is therefore essential for extramural programs in university lifelong learning to hold varieties and flexibilities in its structure. With this assumption, it is intended to examine the theme of the next phase: the development of 'practical curriculum'.
掲載誌名
徳島大学大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
17
開始ページ
35
終了ページ
53
並び順
35
発行日
2007-08
備考
公開日:2010年1月24日で登録したコンテンツは、国立情報学研究所において電子化したものです。
フルテキストファイル
言語
jpn