ID 82391
タイトルヨミ
2006 ネンド コウガクブ シンニュウセイ オ タイショウ トシタ ボウサイ キョウイク ノ ジッシ ト ボウサイ イシキ チョウサ
タイトル別表記
A survey on disaster prevention recognition of 2006 engineering freshman, the University of Tokushima
著者
黒崎, ひろみ 徳島大学環境防災研究センター
岡部, 健士 徳島大学環境防災研究センター
村上, 仁士 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 徳島大学 教育研究者総覧
キーワード
工学部新入生
防災教育
アンケート調査
資料タイプ
紀要論文
抄録
本論文では,徳島大学工学部の2006 年度新入生を対象とした防災教育の実施と,同時に実施し
たアンケート調査の結果から,学生の防災意識の現状を把握するとともに,徳島大学の防災教育のあ
り方について検討を行った.アンケート調査の結果より,被災経験のある学生が多く存在するものの,
防災意識・知識が低く,防災訓練の経験に偏りが見られたこと,およびその重要性を認識できていな
い傾向があることがわかった.一方,災害ボランティア活動に対して興味が持っている学生が多く,
災害時にボランティア活動に従事することが可能である,と答えた学生も多く見られた.災害時の
「自助・共助」を推進するためには,本学において防災教育を実施し,災害および防災に対する正し
い知識と理解を深める必要があることを示した.
抄録別表記
This paper aims that recognition about Disaster prevention of the New Students entered the faculty of
engineering the University of Tokushima in April, 2006. The authors used a questionnaire for investigation and
analyzed it. As a result of having analyzed it, most of students cannot understand disaster prevention and
more than half of them are single lives, but the students are interested in volunteer activity. By a disaster of the
past, a youth is a lot dead next to an old man, too. The reason is because the students were crushed under
furniture when an earthquake was generated a student lives in a simple building and a room is small. If
students do volunteer activity of a disaster, it is very dangerous. The reason is because it leads to not only a
primary disaster but also a second disaster. In other words, the students improve disaster prevention
recognition and must understand disasters.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
4
開始ページ
15
終了ページ
21
並び順
15
発行日
2007-03
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
環境防災研究センター
理工学系