ID 96894
タイトルヨミ
バイヨウ ラット ジカセン デノ ダエキ ブンピツ ソクシンザイ ニヨル オルニチン ダツタンサン コウソ カッセイ ノ チョウセツ ニ カンスル ケンキュウ
著者
三好, 圭子 徳島大学大学院歯学研究科口腔化学講座 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
資料タイプ
学位論文
抄録
種々の唾液分泌促進剤は耳下腺での唾液分泌促進に加え、細胞増殖促進作用がある。
ラット耳下腺cxplantの培養系を用いて、これまでにβ-adrenergic agonistのisoproterenol
(IPR)やcholinergic agonistのcarbachol(CC)が、増殖に必須なポリアミンの合成律速酵素
であるオルニチン脱炭酸酵素(ODC)の活性を上昇させ、DNA合成を促進することが報
告されている。一方、ODCはこれらアゴニストのみならず低浸透圧下でも著名な誘導を
受けることが知られている。この低張による誘導はIPRとは相乗効果を示すのに反し、
CCによって強く抑制された。また、CCはIPRによる誘導をも抑制した。そこで本研究
では、このCCの抑制作用を中心に唾液腺でのODC調節機構について検討した。
[方法]
199培地上に浮かべたシリコナイズしたレンズペーパー上でラット耳下腺cxplant
(1-2mg)を培養した。低張培地にはNaCl濃度のみを半減した浸透圧が約40%低い199培地
を用いた。分泌能はアゴニスト添加2時間後の培地中のアミラーゼ活性で測定し、ODC
活性は4-6時間後に測定した。ODCのmRNAとタンパク質の定量はそれぞれNorthern blot
法とWestern blot法で行った。また、細胞内Ca2+濃度([Ca²⁺]i)はトリプシンとコラゲナ
ーゼを用いて調製したラット耳下腺腺房細胞に、Fura2-AMをとりこませ、ARGUS50
(浜松ホトニクス)にて測定した。cAMPレベルは、cAMP kit「ヤマサ」(ヤマサ醤油)に
て測定した。
[結果]
1) ODC活性は等張培地でIPRによって約29倍上昇するが、この上昇はCCで70%も抑制
された。この時、CCはIPRによるcAMPレベルの上昇には影響を及ぼさなかった。ま
た低張培地でODC活性は6時間後に約100倍の最大活性に達し、IPRはこれを3倍に増強
したのに反し、CCは1/3に抑制した。
2) アゴニストや低張によるODC誘導では活性とmRNAおよび蛋白質量はほぼ比例し
た。ただ、例外として低張でのCCのODC活性の抑制ではmRNAの低下は見られな
かった。
3) IPRや低張によるODC誘導でのCCの抑制はODC蛋白質の半減期の短縮によるもので
はない。
4) 小胞体のCa²⁺依存性ATPaseを抑制するthapsigarginは、CCと同様にODC活性低下作
用を示すが、[Ca²⁺]iを低下させるBAPTA-AMはCCのODC活性抑制作用を弱めた。
5) 耳下腺腺房細胞の[Ca²⁺]iはCCとthapsigarginでそれぞれ周期的および一過性の上昇を
示した。
6) 腺房細胞の[Ca²⁺]iは低張培地で持続的上昇を示した。
7) ODC誘導と異なりアミラーゼ
[結論]
耳下腺での唾液分泌促進とODC誘導は異なる機構によって制御されていることが示唆
された。ODCの誘導は、その誘導因子の種類に関係なく[Ca²⁺]iと関連し、その上昇は
ODC誘導を翻訳レベルで抑制すると考えられる。
備考
画像データは国立国会図書館から提供(2012/3。JPEG2000形式を本学でpdfに変換して公開)
フルテキストファイル
言語
jpn
文科省報告番号
甲第910号
学位記番号
甲歯第120号
学位授与年月日
1998-03-26
学位名
博士(歯学)
部局
歯学系