ID 112218
タイトル別表記
Introduction of the Prototyping Method to Technical Education and Its Effect
著者
キーワード
プロトタイピング手法
マイクロコントローラ
技術教育
資料タイプ
紀要論文
抄録
近年の急速な社会構造の変化に伴い,新たな価値を見出すイノベーションの創出が求められている。教育研究現場においても新産業や新技術に対応できる人材の育成は急務である。これに対して,2012年度から大学開放実践センターにおいてマイクロコントローラを用いた公開講座を開講している。本講座では,電子製品のプロトタイプ(試作品)を教材として使用し,製品開発手法の一つであるプロトタイピング手法を導入した実践的な技術教育を行っている。本稿では,公開講座において取り組んだプロトタイピング手法について述べた後,2012年度から2015年度に行った講座の実施状況について述べる。受講者のアンケート結果や講座内での討論から成果と今後の課題について検討する。
抄録別表記
Industrial innovation and technological diffusion are rapidly becoming a major phenomenon to find new added value in existing technologies. Development of human resources for innovative technologies and manufacturing is required in education and research site. We have started an extension course on the development of a micro-controller from 2012 in the Center for University Extension of the Tokushima University. In our extension course, the prototype of an electronics product is used as teaching material. We practice technical education introducing the prototyping method in one of the manufacturing development methods. In this report, we give an explanation of our proposed prototyping method and also summaries on status of implementation of our course from 2012 to 2015. From the results of a survey and a discussion with the students, we consider the achievement and future issues of our proposed method.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
25
開始ページ
55
終了ページ
63
並び順
55
発行日
2016-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
技術支援部
理工学系