ID 112227
タイトル別表記
A Practice for Information Technology Education Using Teaching Materials Based on the Physical Computing
著者
キーワード
フィジカルコンピューティング
情報技術
実践教育
教材開発
資料タイプ
紀要論文
抄録
近年,IoT(モノのインターネット化),人工知能,ビッグデータ解析をはじめとした次世代技術を核とした社会基盤の構築に向け世界的に広く開発が進められている。一方で,高度な情報技術を身に付けた技術者が将来大幅に不足すると予想されており,このような技術を持つ人材の育成は急務である。こうした背景の下,本研究では教育研究現場における情報技術教育に着目し,専門を問わず初学者でも容易に学習できる情報技術教材の開発を行った。開発した教材は,実世界とコンピュータネットワークとのインタフェースを成すフィジカルコンピューティングの枠組みに基づいて設計を行ったものである。開発した教材を2017年度徳島大学大学開放実践センター公開講座において実際に使用して評価を行った。本稿では,フィジカルコンピューティング教材の開発背景について述べた後,開発した教材の詳細について述べる。さらに,講座内で受けた質問等から得られた知見,受講者との意見交換により得られた成果に基づいて考察し,最後に今後の課題と展望について述べる。
抄録別表記
Technologies of Internet of Things, Artificial Intelligence, and Big data analysis are recently being developed for social infrastructure in the world wide. The shortage of engineers with these advanced technology skills is growing more and more serious issue in the near future in Japan, so we must start considering the human resource development for the next generation of engineers. In our research, we have focused on education of the information technology in academic and research field and have developed a teaching material for beginners. Our developing educational material for teaching is designed based on a framework of the physical computing method that is enable us to realize an interface between the physical world and cyber internet world. We practiced using the teaching material in the extension course of the Center for University Extension of Tokushima University in 2017. In this study, we evaluated the effectiveness of physical computing method and our developed teaching material. Finally, we investigated from the results of classroom discussion and survey on student activity in the lecture.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
27
開始ページ
23
終了ページ
30
並び順
23
発行日
2018-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
技術支援部
理工学系