ID 98210
タイトルヨミ
フククウキョウカ チョクチョウダツ コンチ ジュツゴ ニ ハッセイ シタ ポートコウ ヘルニア ノ イチレイ
タイトル別表記
A case of port-site hernia occurring after radical laparoscopic surgery for rectal prolapse
著者
清家, 純一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野
沖津, 宏 徳島赤十字病院外科
吉田, 卓弘 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
本田, 純子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野
梅本, 淳 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野
丹黒, 章 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
rectal prolapse
laparoscopic surgery
port-site hernia
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
The patient was an 80-year-old hunchbacked woman. Her main complaints were anal pain and hemorrhage. She was diagnosed with Tuttle’s type II rectal prolapse and underwent radical laparoscopic surgery for the rectal prolapse. A Penrose drain was put in place through a 12-mm port in the right hypogastrium. As there was no problem with drainage, the drain was withdrawn on the 3rd postoperative day. However, the small intestine was found to be prolapsed 20 cm in length from the site and to be necrotized. We resected the small intestine immediately. It seems necessary to take some measures, for example, using a port of 10 mm or less, when placing a drain during laparoscopic surgery, with occurrence of port-site hernia in mind.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
62
3-4
開始ページ
148
終了ページ
151
並び順
148
発行日
2006-08-25
備考
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
医学系