ID 110292
タイトルヨミ
トコズレ ノ ザイタク ケア
タイトル別表記
Prevention of pressure ulcers in home care patients
著者
松本, 和也 きたじま田岡病院形成外科・美容外科
橋本, 一郎 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座形成外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松尾, 伸二 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座形成外科学分野 KAKEN研究者をさがす
中西, 秀樹 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座形成外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
久保, 宜明 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座皮膚科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
村尾, 和俊 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座皮膚科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
荒瀬, 誠治 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚運動系病態医学講座皮膚科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
pressure sore
skin care
deep tissue injury
caregivers
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
A large proportion of home care patients are at risk of pressure ulcer. The occurrence rate of pressure ulcer is higher in home care patients than that in the patients of hospitals and welfare facilities. The home care patients need long-term conservative treatment because of the depth of the pressure ulcers.Treatment of the pressure ulcers at home results in increase of caregivers burden. Therefore,prevention and early detection of pressure ulcers are important in home nursing. In early stage of pressure ulcers,“deep tissue injury”should be taken into consideration because of its progressive nature. It is a new concept which presents deep tissue damage remaining superficial skin intact.One of clinical features in this condition is induration in a deep layer.The past decade has seen a huge growth in the application of pressure relieving mattresses,absorbent products for urinary and faecal incontinence, and skin barrier products to prevention of the pressure ulcers. Economical, physical, and psychological burden of nursing at home should be decreased with an accumulation of these information and utilization of the products. Therefore, it is important for caregivers to consult with their care managers and acquire new knowledge and information.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
65
5-6
開始ページ
137
終了ページ
140
並び順
137
発行日
2009-12-20
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系