ID 101816
タイトルヨミ
カブ チョクチョウ ガン ノ ジュツゼン ホウシャセン カガク リョウホウ ニヨル アタラシイ チリョウ センリャク
タイトル別表記
Preoperative chemoradiotherapy as a new strategy for lower advanced rectal cancer
著者
池本, 哲也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官修復講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
安藤, 勤 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官修復講座臓器病態外科学分野
西岡, 将規 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官修復講座臓器病態外科学分野
矢和田, 裕子 田岡病院外科
寺嶋, 吉保 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官修復講座臓器病態外科学分野
生島, 仁史 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態放射線医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
田代, 征記 公立学校共済組合四国中央病院 徳島大学 教育研究者総覧
島田, 光生 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官修復講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
preoperative chemoradiation
rectal cancer
5-Fluorouracil
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Purpose : To report cases of advanced rectal cancer that showed significant responses after
administration of preoperative chemoradiation therapy.
Methods : 5-Fluorouracil(5-FU, 300mg//day)was administered by 24-hour continuous intravenous
infusion after cancers had been decreased in size by radiation(2Gy)administered
for 20 days preoperatively. All patients then underwent low anterior resection with lymph
node dissection(two cases had super-low anterior resection).
Results : Clinical stages of all patients were down-staged preoperatively. All of operations
resulted in a curative resection of the cancer cells macroscopically. In one, histological examination
revealed no residual cancer cells in the resected specimen(CR).
Conclusion : Preoperative chemoradiation therapy was demonstrated as a promising regimen
for patients with advanced lower rectal cancer, and should be considered to extend indications
for even laparoscopic operations for advanced rectal cancer; a therapy tailor made for advanced
rectal cancer.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
60
3-4
開始ページ
99
終了ページ
100
並び順
99
発行日
2004-08-25
備考
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
医学系