ID 110346
タイトルヨミ
ショウカキガン ニオケル HIF-1 ノ リンショウテキ イギ ト チリョウ エノ オウヨウ
タイトル別表記
Clinical significance and therapeutic implication of Hypoxia Inducible Factor-1(HIF-1) expression in gastrointestinal cancer
著者
宇都宮, 徹 徳島大学病院消化器・移植外科|徳島大学病院がん診療連携センター
島田, 光生 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官病態修復医学講座消化器・移植外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
池本, 哲也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部器官病態修復医学講座消化器・移植外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
花岡, 潤 徳島大学病院消化器・移植外科
金本, 真美 徳島大学病院消化器・移植外科 KAKEN研究者をさがす
山田, 眞一郎 徳島大学病院消化器・移植外科
浅野間, 理仁 徳島大学病院消化器・移植外科
三宅, 秀則 徳島大学病院消化器・移植外科
キーワード
hypoxia inducible factor‐1
histone deacetylase
epigenetics
cancer stem cell
epithelial-mesenchymal transition
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Hypoxia inducible factor‐1α(HIF‐1α)and histone deacetylase(HDAC)expressions in gastrointestinal cancer, especially intrahepatic cholangiocarcinoma and pancreas cancer, significantly reflect on the malignant potential of these cancers, and are significantly associated with patient’s prognosis. It has also been shown that HIF‐1α is deacetylated and stabilized by nucleosome remodeling and histone deacetylation (NuRD) complex, consisting of HDAC and metastasis-associated gene‐1(MTA1), leading to angiogenesis. More recently, it has been reported that HIF‐1α induces tumorigenesis and ultimately cancer stemness through epithelial-mesenchymal transition (EMT). Therefore, HIF‐1α may be one of the master molecules of cancer progression, and it is expected that novel therapeutic strategies will be devised by controlling the signaling pathway of HIF‐1α in hypoxic condition of gastrointestinal cancer.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
67
1-2
開始ページ
15
終了ページ
20
並び順
15
発行日
2011-04-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系
病院