ID 113106
タイトル別表記
Literature review of nursing interventions and evaluations for the persons with diabetes mellitus in Japan
糖尿病患者に対する看護介入の効果と評価 : 文献検討
著者
キーワード
糖尿病を有する人
看護介入
評価
persons with diabetes mellitus
nursing interventions
evaluations
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
医学中央雑誌Web版(Ver.3)を用いて,1994年から2004年の過去10年間に,糖尿病を有する人を対象に,看護師が行った教育や指導などの看護介入行為のうち,その効果が患者の持つ問題の解決に有効であると報告されている研究論文の分析を行い,以下の結果が得られた.
1.対象となった論文は16編あった.
2.介入内容は食に関連するものが11編あった.看護師は,患者の持つ問題の明確化,その具体的な対応,到達目標の設定に対して,患者が主体的に取り組むことができるように,患者の情緒面も含めて援助していた.
3.介入内容の評価を看護師が行っていたものは13編あった.評価項目は糖尿病の血糖コントロール指標としてのHbA1cがすべての文献で用いられていた.
以上のことより,今後は,患者の自己管理を支援するために,患者が一貫して主体的に取り組めるような介入方法を開発することが必要である.また,介入結果の評価においては,血糖コントロール指標に加えて,患者の行動や心理の変化を適切に評価できる評価方法や評価指標を開発する必要があると考えられた.
抄録別表記
Objective : The purpose of this study was to review published studies focusing on nursing interventions, which were effective in solving problems for persons with diabetes mellitus(hereinafter persons) in Japan.
Method : We used the Ichushi-Web(Ver.3)to search from 1994 through to 2004.
Results :
1.We finally selected 16 primary studies.
2.Eight nursing interventions were related to diet and eating. Nurses supported that persons independently decide their own clinical goals, persons understood what were their problems and what they should do. Nursing involved emotional supports in this situation.
3.Thirteen evaluations were conducted by nurses, and all of evaluations used HbA1c as their control indexes for diabetes mellitus.
Conclusion : To be able to support self controlled persons we have to develop ways to intervene, so persons can decide their clinical goals. Allowing them to learn to face their problems independently. It is necessary to evaluate not only HbA1c as diabetes control but also the changes of persons' activities and emotions in order to assess the effects of interventions suitably.
掲載誌名
The Journal of Nursing Investigation
ISSN
13483722
24342238
cat書誌ID
AA11937122
出版者
徳島大学医学部
3
2
開始ページ
79
終了ページ
90
並び順
79
発行日
2005-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系