ID 82699
タイトルヨミ
TOEIC-IP ニ タイスル キョウイン ノ イシキ ト ジッタイ : トウイツ シケン ドウニュウ カラ 3 ネンカン ノ チョウサ
タイトル別表記
Survey of Teacher Attitudes towards a Unified TOEIC Test : Investigation after Three Years from the Implementation of the TOEIC
著者
福田, スティーブ利久 徳島大学全学共通教育センター KAKEN研究者をさがす
キーワード
統一試験
意識調査
授業改善
Unified TOEIC Exam
Teachers Attitudes
Class Improvement
資料タイプ
一般雑誌記事
抄録
新入生全員に統一試験のTOEIC-IPを実施し始めてから三年が経つ。初期の実施は学生自身のためではなく、全学共通教育センターがTOEIC-IP試験の成績データで学生の英語力を把握し、授業改善に生かすことが目標であった。本センターは、今回で3回目ということで、共通教育の英語の授業を担当する教員向けに、TOEIC-IP試験の成績データの活用法に関するアンケートを実施した。回収率は少なかったが、非常に興味深い結果が得られた。TOEIC-IP試験の成績データから学生の英語力を把握することはできているが、その後の授業改善の使い方に関してはまだ分からない点が多く、これからの調査が必要であることが明らかになった。今回の結果から明らかになったのは、本センターでのTOEIC-IP実施自体に疑問を感じる教員がいるということと、次回の実施までに授業改善につながる方策を研究してゆく必要があるということである。
抄録別表記
The Center for General Education has implemented the TOEIC-IP to all of its first year students for the past three years. The initial implementation was not for the students-per se. but for the Center to get an idea of the student proficiency levels and to use those results to improve classes. The Center, since the second implementation,has administered a questionnaire to the instructors of all English classes to consider how the results were used. Interestingly. many teachers have used the results to grasp the proficiency level of their students; however,few have actually used the data to improve their classes directly. This has questioned the implementation of the test based on implementation goals and has caused 'ripples' in the ocean of our center among teachers necessitating further debate on the issue before the next implementation.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
6
開始ページ
129
終了ページ
134
並び順
129
発行日
2009-03
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
総合科学系