ID 109788
タイトルヨミ
コウナイホウ LeFort IIガタ コツキリジュツ ニヨリ チュウガンメン ノ カンオウ オ カイゼン サセタ コッカクセイ カガク ゼントツショウレイ
タイトル別表記
A case report of skeletal mandibular protrusion treated with intraoral LeFort II midfacial advancement
著者
川上, 清一 川上矯正歯科医院|徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面矯正学分野
川上, 映子 川上矯正歯科医院|徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面矯正学分野
管野, 貴浩 香川県立中央病院歯科口腔外科
藤岡, 真左子 香川県立中央病院歯科口腔外科
田中, 栄二 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎口腔再建医学講座口腔顎顔面矯正学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
LeFort Ⅱ型骨切り術
上顎劣成長
反対咬合
RED system
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
The patient was a 15-year 6-month female, and her chief complaint was severe nasomaxillary hypoplasia with anterior crossbite. After extraction of bilateral upper and lower third molars, the preoperative orthodontic treatment was initiated at 15-year and 7-month old. After 10-month orthodontic treatment, she received a surgery of intraoral LeFort II midfacial advancement using a piezoelectric braze. The naso-maxillary LeFort II segment was placed forward and downward by 8.0 mm using a Rigid External Distractor (RED) system, and internal rigid fixation was performed. For the mandible, the bilateral intraoral vertical ramus osteotomy was also performed, resulting in 6.0 mm mandibular setback. After 6-month of postoperative treatment, multi-bracket appliances were removed. At 7-month after surgery, the satisfactory facial profile and acceptable occlusion were obtained.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
22
1
開始ページ
123
終了ページ
128
並び順
123
発行日
2009-06-30
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系