アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 114218
タイトル別表記
ENDOSCOPIC MOLECULAR IMAGING : CURRENT STATUS AND FUTURE PERSPECTIVES
著者
藤本, 将太 徳島大学
キーワード
消化管癌
バイオマーカー
蛍光プローブ
抗体医薬
Theranostics
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
内視鏡分子イメージングは,従来のイメージング技術とは異なる方法でターゲット分子の局在,機能,性質を付加情報として与えることができる新たな技術である.本技術の確立には, 1 )病変における特異度・感度ともに高いバイオマーカーの発見・確立, 2 )バイオマーカーとの親和性が高く,明瞭なシグナルを産出可能な蛍光プローブの存在, 3 )低侵襲でリアルタイムに高解像度のイメージを供給可能な画像機器の開発の3 点が重要な要素となる.本技術は,消化管癌に対するスクリーニングのみならず,治療方針の決定や治療効果の判定に応用が可能と考えられる.抗体医薬,低分子化合物の普及などに伴い治療と診断を融合したTheranostics の臨床応用が期待され,内視鏡分子イメージングは個別化医療においても中心的な役割を果たすと考えられる.
抄録別表記
Imaging technologies in gastrointestinal endoscopy have advanced greatly over the past few decades. Molecular imaging is an additional innovation to conventional imaging methods and allows visualization of the localization, function, and characteristics of target lesions, especially cancers. To realize endoscopic molecular imaging, there are three prerequisites : first, more target-specific and highly sensitive biomarkers for clinical use ; second, fluorochromes that have a high affinity for their markers and can produce a distinct signal ; and third, equipment to visualize the indicator at high resolution in real time. Endoscopic molecular imaging can be used for cancer screening and surveillance and can also provide important information for deciding treatment strategies and evaluating their effectiveness during therapy. Endoscopic molecular imaging will play a central role in gastrointestinal oncology in the near future.
掲載誌名
日本消化器内視鏡学会雑誌
ISSN
18845738
出版者
日本消化器内視鏡学会
59
7
開始ページ
1473
終了ページ
1481
発行日
2017-07-20
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系
病院