アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 109627
タイトルヨミ
ヘキチ イリョウ キョテン ビョウイン ニオケル センモン ガイライ ノ カンジャ ジュリョウ ドウコウ ニ オヨボス エイキョウ
タイトル別表記
The effect of special visitors on the trend of patient consultations in the community medicine organization
著者
谷, 憲治 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
三宅, 孝典 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野
田畑, 良 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野 KAKEN研究者をさがす
湯浅, 志乃 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野
中西, 嘉憲 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野
河南, 真吾 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野 徳島大学 教育研究者総覧
清水, 伸彦 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野
山口, 治隆 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
坂東, 弘康 徳島県立海部病院
河野, 光宏 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合診療医学分野
キーワード
specialist
generalist
community medicine
collagen vascular disease
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
There were few reports about the role of medical specialists in community medicine organizations such as hospitals in rural area where the number of doctors is insufficient. The aim of this study was to investigate the effect of a medical specialist for collagen vascular diseases having started periodically ambulatory care in the medical institution of the area where the specialist was absent. We examined the trend of outpatients with a collagen vascular disease about moving the hospital comparing before and after the specialist started to work in the medical institution. The number of outpatients with a collagen vascular disease in the medical institution became 95 at 3 years and a half after the specialist started to work there. There were many transfer patients from medical institutions other than the area, and the distance from their home to the hospital was shortened by changing the hospital in most of patients. The ambulatory care performed periodically and continuously by the specialist in a community medicine organization showed significances that patients became to receive the special medical care by the specialist.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
69
3-4
開始ページ
141
終了ページ
144
並び順
141
発行日
2013-08-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系