ID 113615
タイトル別表記
Papillary hidradenoma of the vulva : A case report
著者
海老沢, 桂子 徳島大学
キーワード
外陰
乳頭状汗腺腫
Vulva
Papillary hiradenoma
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
外陰部に発生する比較的まれなpapillary hidradenoma(乳頭状汗腺腫)の1例について報告する。症例は73歳の女性で小陰唇外側に胡桃大の皮膚腫瘤を認め,腫瘤摘出術を施行した。腫瘤内部には充実分を伴っており,組織学的には乳頭状増殖を示す腺構造で構成され,その腺腔は2層に重層した立方上皮で囲まれていた。上皮細胞の核異型は軽度であり,周囲組織への浸潤も認めず,papillary hidradenomaと診断された。しかし肉眼的所見および組織学的所見より腺癌と誤認される可能性があり,診断には注意が必要である。
抄録別表記
Papillary hidradenoma is rare, benign, cystic, papillary apocrine gland tumor that occurs almost exclusively in women in the skin of the anogenital region. We report a case of a 73-year-old woman who presented with a progressively enlarging perianal nodule. The nodule appeared as walnut-sized skin tumor on the outside of the labium minus pudendi, and local excision was performed. Macroscopically, the inside portion of the tumor appeared solid. Microscopically, this region consisted of papillary adenomatous structures whose lumina were lined by 2 layers of cuboidal epithelial cells. Nuclear atypia and mitotic figures of these epithelial cells were rare and noninvasive. However, cells with this appearance may be mistaken for adenocarcinoma by both macroscopic and histologic views, and attention is necessary for an accurate diagnosis.
掲載誌名
現代産婦人科
ISSN
1882482X
cat書誌ID
AA12291846
出版者
中国四国産科婦人科学会
59
2
開始ページ
221
終了ページ
224
発行日
2011-03-30
EDB ID
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系