ID 109632
タイトルヨミ
ショクドウガン ケイブ リンパセツ サイハツ ニヨル ショウジョウ ニ タイシテ カンワ ケア オ ジッセン シタ 2 ショウレイ
タイトル別表記
Two patients managed by palliative care for symptoms due to cervical lymph node recurrence of esophageal carcinoma
著者
武知, 浩和 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
坂本, 晋一 高知赤十字病院外科
森下, 敦司 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科
西野, 豪志 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
古北, 由仁 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科
山本, 洋太 つるぎ町立半田病院外科 KAKEN研究者をさがす
吉田, 卓弘 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
清家, 純一 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科
滝沢, 宏光 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
丹黒, 章 徳島大学大学院胸部内分泌腫瘍外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Palliative care
Home care
Esophageal carcinoma
Gastrostomy
Morphine
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Our department aggressively performs initial treatment for esophageal carcinoma with multidisciplinary approaches, and not only positively treats patients with recurrence or metastasis but also manages those in an advanced stage by following the wishes of patients and their families as much as possible. However, many patients with esophageal carcinoma develop digestive tract and tracheal problems with progression of the disease, and the palliation of symptoms and continuation of home care often become difficult. In such patients, it is important to secure and maintain the route of hydration and nutrition when oral fluid and food intake becomes difficult, and to control respiratory symptoms for the promotion of home care and palliation of symptoms in the terminal stage.
In this report, we present 2 patients managed by palliative care until death while supporting home care by maintaining enteral nutrition using gastrostomy for esophageal narrowing due to cervical lymph node recurrence, and controlling the cough reflex and dyspnea associated with the development of a cervical lymph node-tracheal fistula through morphine hydrochloride administration.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
69
3-4
開始ページ
171
終了ページ
174
並び順
171
発行日
2013-08-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系