アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 116071
タイトル別表記
Decision-making Support in Medical Care and Welfare for Peoples with Higher Brain Dysfunction
著者
北村, 美渚 稲次病院
伊賀上, 舞 松山リハビリテーション病院
木戸, 保秀 松山リハビリテーション病院
キーワード
高次脳機能障害
意思決定支援
合意形成
医療同意能力
質問
higher brain dysfunction
decision-making support
consensus building
medical consent ability
question
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
脳損傷により高次脳機能障害を呈した場合,認知能力とともに,意思決定能力も低下すると考えられている。意思決定能力とは,自分の意思を伝えることができること,関連する情報を理解していること,選択した理由に合理性があることとされており,医療同意能力や判断能力を包含する。しかし,意思決定能力を定量・客観的に測定する指標は未だなく,意思決定支援の定式化には及んでいない。したがって,多職種による合意形成や,質問方法の工夫といった支援者側のスキルが求められることになる。
本稿では,高次脳機能障害者の医療と福祉における意思決定支援に関して,それぞれの立場におけるポイントを概説し,これまで行ってきた研究の一部を紹介する。
抄録別表記
Higher brain dysfunction due to brain injury is thought to reduce cognitive ability as well as decision-making ability. Decision-making ability is defined as being able to convey oneʼs intentions, understanding relevant information, and having a rational reason for selection, and includes medical consent ability and judgment ability. However, there is no index for quantitatively and objectively measuring decision-making ability, and it has not reached the formulation of decision-making. Supporter skills such as consensus building by multiple occupations and devising questioning methods will be required.
This paper outlines the points in each position regarding decision-making support of medical and welfare for peoples with higher brain dysfunction, and introduces some of the research conducted so far.
掲載誌名
高次脳機能研究
ISSN
13484818
18806554
cat書誌ID
AA1182424X
出版者
日本高次脳機能障害学会
41
2
開始ページ
172
終了ページ
177
発行日
2021-06-30
備考
論文本文は2022-07-01以降公開予定
EDB ID
言語
jpn
著者版フラグ
その他
部局
歯学系