ID 110183
タイトルヨミ
Cbl-b ケッソン ニ ヨル マクロファージ ノ カッセイカ オ カイシタ タイトウノウ イジョウ
タイトル別表記
Deficiency of Cbl-b gene enhances infiltration and activation of macrophages in adipose tissue and causes peripheral insulin resistance in mice
著者
平坂, 勝也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野 KAKEN研究者をさがす
河野, 尚平 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
加川, 祥子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
中尾, 玲子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
不老地, 治美 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野
岸, 恭一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
二川, 健 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部栄養医科学講座生体栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
Cbl-b-deficient mice
macrophage
cytokine
white adipose tissue
insulin resistance
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Obesity is a major cause of insulin resistance and is considered a chronic low-grade inflammatory disease. Substantial evidence has accumulated in recent years that chronic infiltration and activation of macrophages in white adipose tissue underlie the obesity-related component of these insulin resistant states. In the present study, we examined the role of Cbl-b, ubiquitin ligase, in insulin action. Elderly Cbl-b-deficient mice(Cbl-b-/-mice)developed glucose intolerance and peripheral insulin resistance. Deficiency of Cbl-b gene was associated with infiltration of macrophages into the WAT and expression of cytokines, such as tumor necrosis factor-α, interleukin-6 and monocyte chemoattractant protein-1. Furthermore, Vav1, a key factor in macrophage activation, was highly phosphorylated in peritoneal Cbl-b-/-macrophages, compared with wild type macrophages, suggesting that Cbl-b deficiency induces macrophage activation. Our results suggest that Cbl-b is a negative regulator of macrophage activation, and that macrophage activation by Cbl-b deficiency, at least in part, contributes to the peripheral insulin resistance and glucose intolerance.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
63
3-4
開始ページ
111
終了ページ
115
並び順
111
発行日
2007-08-25
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系