ID 50533
タイトルヨミ
キョウマク チュウヒシュ ノ ソシキ シンダン ニオケル モンダイテン
タイトル別表記
Diagnotic issues of pleural mesothelioma by immunohistochemical markers
著者
泉, 啓介 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座環境病理学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
坂東, 良美 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座環境病理学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
宮本, 康雄 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座環境病理学分野
キーワード
pleural mesothelioma
immunohistochemistry
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
This minireview discusses diagnostic issues of mesothelioma by immunohistochemical markers.A large number of immunohistochemical markers for distinction between pleural mesothelioma and pulmonary adenocarcinoma has been reported to date.Ordóñez, N.G. described that calretinin, cytokeratin 5/6 and WT-1 are the best positive markers, and carcinoembryonic antigen (CEA), MOC-31 and Ber-EP 4 are the best negative markers for mesothelioma, and recommended the selection of two positive and two negative markers.We evaluated the significance of calretinin, cytokeratin 5/6, mesothelin,CEA, MOC-31 and new marker D 2-40 in 19 mesotheliomas and 19 lung adenocarcinomas.We concluded that calretinin, cytokeratin 5/6,D 2-40 and CEA are the most stable immunohistochemical markers for diagnosis of mesothelioma.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
62
1-2
開始ページ
15
終了ページ
18
並び順
15
発行日
2006-04-25
備考
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
医学系