アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115392
タイトル別表記
精神医療・保健福祉システム委員会 病床機能分化班 : 「病床機能分化と地域移行」に関するアンケート調査
The Report of the Survey to the Members of the Society about the Functional Dissociation of the Psychiatric Hospital beds
著者
松原, 三郎 松原病院
安西, 信雄 帝京平成大学
太田, 順一郎 岡山市こころの健康センター
小髙, 晃 宮城県立精神医療センター
佐藤, 茂樹 成田赤十字病院
佐野, 威和雄 よしの病院
羽藤, 邦利 代々木の森診療所
三國, 雅彦 函館渡辺病院
山之内, 芳雄 国立精神・神経医療研究センター
吉住, 昭 八幡厚生病院
渡辺, 義文 山口大学
キーワード
精神病床機能分化
急性期精神科病床
慢性期精神科病床
病床削減
病床転換型施設
functional differentiation of psychiatric hospital beds
psychiatric beds for acute phase
psychiatric beds for chronic phase
reduction of psychiatric beds
conversions of psychiatric hospital beds to institutional beds
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
精神保健福祉法第41条の「指針」の中の「病床機能分化」に関して,日本精神神経学会会員の意見を把握することを目的にアンケート調査を実施した.平成27年5月1~30日の間に学会ホームページに質問事項(9項目)を掲載し,回答者が特定されないよう,web上で回答を求める手法で調査を行った.862名(会員全体の5.3%)の回答が得られた.回答の動向をみると,賛成群が圧倒的に多かった(80%以上)質問項目は,「回復期入院治療を多職種で充実する」「重度かつ慢性患者については病状の程度に応じて処遇する」「地域移行は受け皿の整備状況を見ながら進める」の3項目であった.賛成群がやや多かった(55~62%)質問項目は,「急性期充実のために慢性期病床を削減する」「身体合併症・高齢者については病床転換型老健類似施設で処遇する」「病院内の人材を地域に移動させる必要がある」の3項目であった.反対群が賛成群よりもやや多かった(反対が47%程度)質問項目は,「慢性患者の症状評価は第三者機関で」「生活訓練施設は地域内に置くべきである」の2項目であった.アンケート調査によって各種問題に対する会員の意向を知ることができ,極めて有意義な調査であった.
抄録別表記
In 2014, Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare published the guideline on the policy of the psychiatric hospitals. We executed a survey to the members of "The Japanese Society of Psychiatry and Neurology" about the impression of this guideline, especially about "The functional differentiation of psychiatric hospital beds". Nine questions were notified on the home page of the society. 862 answers (5.3% of the members) were corrected by website from 1st to 30th of May in 2015. Attribution of the answers: doctors working at the psychiatric hospitals (70.9%), the psychiatric clinics (20%), the others (9.1%). The questions which more than 80% of the answers agreed were "The reduction of the psychiatric beds should be step-wise under the rule of check & balance in the improvement of the psychiatric community treatment", "Improve the function of the recovery phase treatment" and "The adequate treatment for the patients of the severe and chronic phases". The questions more than 55% of the answers agreed were "The reduction of the chronic phase beds for the improvement of the function of the acute phase beds". The questions which opposites exceeded (almost 47%) were "The assessment of the psychiatric symptoms in the patients of the chronic phase should be done by the third party" and "The facility for social skill treatment should be placed in the community". We could know the mind of the members about the revolution of the psychiatric
掲載誌名
精神神経学雑誌
ISSN
00332658
cat書誌ID
AN00128067
出版者
日本精神神経学会
118
9
開始ページ
680
終了ページ
687
発行日
2016
備考
所属英表記誤記あり (誤)Yhoshino Hosptal→(正)Yoshino Hospital
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系