アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 110236
タイトルヨミ
コウリン ケッショウ ト シン ケッカン シッカン
タイトル別表記
Hyperphosphatemia and cardiovascular disease
著者
首藤, 恵泉 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部医療栄養科学講座臨床栄養学分野|徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部社会環境衛生学講座実践栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
竹谷, 豊 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部医療栄養科学講座臨床栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
酒井, 徹 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部社会環境衛生学講座実践栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
武田, 英二 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部医療栄養科学講座臨床栄養学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
hyperphosphatemia
cardiovascular disease
endothelial cell
oxidative stress
vascular calcification
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Hyperphosphatemia has been known as a risk factor for cardiovascular disease particularly inchronic kidney disease patients. Hyperphosphatemia can be involved in the calcification of vascularsmooth muscle cells, resulting in M¨onkeberg medial calcific sclerosis which is a type of arteriosclerosis.However, it has not been clarified whether hyperphosphatemia can deteriorate endothelialfunction and can be a risk factor of atherosclerosis. Our recent study demonstrated that hyperphosphatemiaincreased oxidative stress and decreased nitric oxide production in endothelial cells.In addition, hyperphosphatemia attenuated endothelium-dependent vasodilation reaction. Theseobservations suggest that hyperphosphatemia may cause endothelial dysfunction, and be an importantfactor for progression of atherosclerosis as well as vascular calcification. Positive associationbetween hyperphosphatemia and cardiovascular disease may be explained by the dual harmfuleffects of phosphorus on the vessels.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
64
3-4
開始ページ
114
終了ページ
116
並び順
114
発行日
2008-08-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系