アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 84986
タイトルヨミ
トクシマ ダイガク ビョウイン ニ オケル ジュウショウ キンムリョクショウ 101 レイ ノ ケントウ
タイトル別表記
Myasthenia gravis in Tokushima University : a retrospective study of 101 patients
著者
松井, 尚子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚情報医学講座神経情報医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
中根, 俊成 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚情報医学講座神経情報医学分野
中川, 靖士 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野 KAKEN研究者をさがす
三ツ井, 貴夫 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚情報医学講座神経情報医学分野
近藤, 和也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
門田, 康正 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体防御腫瘍医学講座病態制御外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧
松本, 俊夫 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部生体制御医学講座生体情報内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
梶, 龍兒 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部感覚情報医学講座神経情報医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
myasthenia gravis(MG)
anti-acetylcholine receptor(AChR)antibodies
thymectomy
late-onset MG
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Thymectomy is an established treatment for seropositive(ACh-R antibodies positive)
myasthenia gravis(MG)in younger patients, but an review described the effectiveness of thymectomy
without thymoma remains as uncertain. To investigate the clinical course of MG in association
with thymus and to develop a better strategy for MG treatment, we reviewed 101 MG patients
who had taken therapies in our hospital between 1986 and 2006.
Recently, late-onset MG patients had increased. A few MG patients without thymoma, in
particular, hyperplasia had good clinical courses after thymectomy. So, we can’t exclude thymectomy
from therapeutic options in patients without thymoma.
We should select an appropriate strategy for individual cases, because MG has heterogeneous
characters with in age at onset, thymic changes, and patterns of muscle weakness.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
62
5-6
開始ページ
219
終了ページ
224
並び順
219
発行日
2006-12-20
備考
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
医学系
先端酵素学研究所