アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115229
タイトル別表記
Current status and future tasks of research on the occurrence of phlebitis caused sustained use of antihypertensive agents used for cerebrovascular disorders
脳血管障害に用いる降圧剤の持続使用による静脈炎発生
著者
野﨑, 夏江 徳島大学
岩瀨, 司 徳島大学
キーワード
脳卒中
降圧剤
静脈炎
文献検討
stroke
antihypertensive agents
phlebitis
Interature review
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
静脈炎の発症に関する薬剤別の検討,脳血管障害時に降圧剤として用いているニカルジピンによる静脈炎の検討,脳血管障害に関連する患者要因と静脈炎の発症に関連する検討の3点から文献検討を行った.
脳血管障害患者の急性期における降圧を目的とする治療は,生命にかかわる重要な治療であるが,その時に発生する静脈炎発生時の患者の苦痛の緩和も見逃せない患者へのケアの一つである.重症状況で意識レベルも不安定な時期であるからこそ,丁寧な観察と静脈炎発生予防を心がけ,よりよい看護につなげなければならない.
抄録別表記
We examined literature in terms of three aspects: onset of phlebitis induced by each drug, phlebitis by nicardipine used as an antihypertensive agent at cerebrovascular disorder, and patients factors associated with cerebrovascular disorder and the onset of phlebitis.
Although the treatment for the purpose of the depression in the acute phase of patients with cerebrovascular disorder is vitally important, the alleviation of the distress of patients at the treatment of phlebitis occurrence is also one of the important cares. Careful observation and prevention of phlebitis are necessary for better nursing because it is the time when the patients are seriously ill and their consciousness is unstable.
掲載誌名
日本ニューロサイエンス看護学会誌
cat書誌ID
AA12740790
出版者
日本ニューロサイエンス看護学会
5
1
開始ページ
29
終了ページ
34
発行日
2018
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系