アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 109796
タイトルヨミ
セツジョ カラ インプラント オ イジゲン トシタ エピテーゼ マデ イッカン チリョウ オ オコナッタ ジョウガクドウ アクセイ センイセイ ソシキ キュウシュ ノ 1レイ
タイトル別表記
A Case of Malignant Fibrous Histiocytoma in the Maxillary sinus : Consistency of Treatment from Tumor Resection to an Orbital Epithesis Supported by Implants
著者
舘原, 誠晃 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔疾患制御外科学分野
藤澤, 健司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔疾患制御外科学分野 KAKEN研究者をさがす
永井, 宏和 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔疾患制御外科学分野 KAKEN研究者をさがす
重本, 修伺 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部咬合管理学分野 KAKEN研究者をさがす
大倉, 一夫 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部咬合管理学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
石丸, 直澄 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔分子病態学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
林, 良夫 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔分子病態学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
宮本, 洋二 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔疾患制御外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
悪性線維性組織球腫
眼窩欠損
インプラント
眼窩エピテーゼ
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
A case of malignant fibrous histiocytoma (MFH) arising primarily in the left maxilla is reported. The patient, a 50-year-old man, presented with diffuse swelling of the upper left side of the gingiva. Radiographic findings revealed wide destruction of the left maxilla. Initial biopsy revealed a fibrosarcoma. The patient received continuous arterial infusion of 5-FU and external irradiation with 60Co-40Gy preoperatively. After a combination of chemotherapy and radiotherapy, he received total resection of the left maxilla with orbital exenteration. Histopathologically, the tumor was diagnosed as a storiform-pleomorphic type of MFH. After operation, general chemotherapy with CDDP and external irradiation with 60Co-30Gy were performed. Two years after removal of the tumor, three fixtures were placed into the bony orbital rim to fit an orbital prothesis.
There is no clinical evidence of recurrence as of 9.5 years after extirpation of the tumor and the implants are functioning well.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
22
2
開始ページ
179
終了ページ
183
並び順
179
発行日
2010-01-31
備考
P.179著者の英語表記に誤植(誤)Masuzumi(正)Naozumi
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
歯学系