ID 292
タイトルヨミ
コウクウ ガク ガンメン アクセイ シュヨウ ノ エンカク テンイ ヒョウカ ニオケル クカンブ CT ケンサ ノ イチズケ
タイトル別表記
Significance of Abdominal CT Examination for the Screening of Distant Metastasis of the Orofacial Malignancies
著者
高橋, 章 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科放射線科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
前田, 直樹 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
菅原, 千恵子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 KAKEN研究者をさがす
工藤, 隆治 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
久保, 典子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野
細木, 秀彦 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科放射線科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
岩崎, 裕一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 KAKEN研究者をさがす
キーワード
頭頸部悪性腫瘍
転移
CT
画像診断
資料タイプ
紀要論文
抄録
Abdominal CT examinations for the scouting of distant metastasis (DM) of orofacial malignant tumors were retrospectively evaluated, for the purpose of establishing the standard way of examination. Out of 159 patients with oral malignancies, 247 abdominal CT examinations were performed for the purpose of scouting DM. During the examination, intravenous contrast enhancement (CE) was performed in 166 examinations. DM were detected in 13 patients (8.2%). DM were found in 6 at administration, and 8 were late DM. Nine DM were detected out of 166 (5.4%) examinations with CE, and 5 were detected out of 81 (6.2%) examinations without CE. In detecting the DM, no improvement was found by CE. DM attacked lungs in 13, mediastinum in 3, liver in 2, paraaortic lymph nodes in 1, chest wall in 1, and vertebra in 1. Only 2 patients with DM were free from cervical metastasis, and the remainder was combined with cervical metastasis, regardless the status of the primary sites. Conclusions: Abdominal CT was useful for detecting DM. Intravenous CE was not necessary for scouting the DM. Patients with cervical metastasis had a high potential for developing DM.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
19
2
開始ページ
239
終了ページ
246
並び順
239
発行日
2007-01
備考
公開日:2010年1月24日で登録したコンテンツは、国立情報学研究所において電子化したものです。
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
歯学系
記事種別
原著論文