ID 294
タイトルヨミ
トクシマ ダイガク ビョウイン シカ シンリョウ ブモン ニオケル ゴイン ゴエン ノ ジッタイ チョウサ
タイトル別表記
An Investigation of Accidental Aspiration and Swallowing during the Dental Treatment at Tokushima University Dental Hospital
著者
菅原, 千恵子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 KAKEN研究者をさがす
高橋, 章 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科放射線科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
前田, 直樹 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
久保, 典子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野
工藤, 隆治 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
細木, 秀彦 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科放射線科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
岩崎, 裕一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔顎顔面放射線医学分野 KAKEN研究者をさがす
キーワード
誤嚥
誤飲
医療事故
資料タイプ
紀要論文
抄録
When an accident of aspiration or swallowing occurs during dental treatment, the patient would fall into severe clinical condition such as pneumonia, peritonitis, sepsis, and even death, unless a dentist immediately judges the patient's situation. As most dental material is radiopaque, radiography of a chest or an abdomen allows to see the accidental materials. From 1995 to 2002, 35 radiographic examinations were performed after the accidents at Tokushima University Dental Hospirtal. Mean of accidents was 4.4 cases a year. The incidence was 0.004% in the cumulative numbers of dental examinations. The location of accidental material on the radiography was clearly observed in 18 among 35 cases. Radiography of multiple times was performed 13 in 18 cases in order to confirm the excretion. In 5 cases, accidental materials were not confirmed to excrete. Furthermore, there were many cases in which clinical records about accidents were not described. Present findings indicate that it is necessary to detect precisely the location of accidental materials and that radiographic detection is very important.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
19
2
開始ページ
255
終了ページ
262
並び順
255
発行日
2007-01
備考
公開日:2010年1月24日で登録したコンテンツは、国立情報学研究所において電子化したものです。
権利情報
著者英語表記誤記あり(誤)岩崎 裕一 Iwasaki Yuichi→(正)Iwasaki Hirokazu
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
病院
歯学系
記事種別
原著論文