ID 111210
タイトル別表記
噛ミング30学習による小学生の咀嚼の習慣と口腔内状態に関する介入研究
著者
福島, 襄 徳島県歯科医師会
キーワード
Oral health
Elementary school
Sufficient chewing
Preventive program
Gingivitis
口腔保健
小学校
よく嚙む
予防プログラム
歯肉炎
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
The aim of this study was to investigate the relationship between chewing behavior and oral conditions in elementary school children based on an intervention study.
The subjects were allocated into an intervention group (5th grade students, n=81) and a control group (5th grade students, n=39) in 2 elementary schools in Tokushima Prefecture, Japan. Eating habits were self-reported using a questionnaire in both groups. The PMA index (Schour-Massler index) of each subject in the intervention group was assessed. The school lunch program “Chewing 30” was performed 5 times per year using a chewing counter.
After the completion of the program, a significant difference in behavior change regarding “sufficient chewing” was observed between the intervention and control groups (p<0.01). The participants in the intervention group were sub-divided into 2 groups based on the change of “sufficient chewing”. The PMA index of the non-improved group significantly increased (p<0.05), while that of the improved group showed no significant difference.
These results suggest an association between insufficient chewing behavior and gingival inflammation in elementary school children. The program “Chewing 30” might be effective to prevent gingival inflammation in addition to promoting sufficient chewing.
抄録別表記
 本研究では,小学生の咀嚼習慣と口腔内状態との関連性を介入研究にて調査することを目的とした.
 徳島県内にある2つの小学校のうち,1校の5年生(81名)を介入群とし,他校の5年生(39名)をコントロール群として,食習慣に関する保健調査を実施した.介入群では,児童それぞれのPMA index(Schour-Massler index)を評価した.さらに,1年間を通して計5回学校給食時に咀嚼計を用いた「噛ミング30学習」を実施した.
 介入終了後,“よく嚙む” 項目においてコントロール群と介入群では有意な差が認められた(p<0.01).“よく嚙む” 項目の変化の有無により,介入群を2つのグループに分類した.“よく嚙む” 項目の非改善群ではPMA index中央値が有意に増加していた(p<0.05)が,改善群ではPMA index中央値の増加は認められなかった.
 これらの結果は,小学生において,不十分な咀嚼習慣と歯肉の炎症に関連性があることを示している.「噛ミング30学習」は,よく嚙むことを促すだけでなく,歯肉炎の予防にも効果がある可能性が示唆された.
掲載誌名
口腔衛生学会雑誌
ISSN
00232831
cat書誌ID
AN00081407
出版者
日本口腔衛生学会
66
5
開始ページ
438
終了ページ
444
発行日
2016-10-30
備考
本論文の内容は,土井登紀子の博士論文となった。
EDB ID
出版社版DOI
出版社版URL
フルテキストファイル
言語
eng
著者版フラグ
出版社版
部局
歯学系