ID 109829
タイトルヨミ
トクシマ ダイガク ビョウイン セイシンカ シンケイカ ニュウイン カンジャ ニ タイスル コウクウ ケア ノ イギ
タイトル別表記
Significance of Oral Care for Inpatients with Psychiatric Diseases in the Tokushima University Hospital
著者
大守, 真由子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
青田, 桂子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
山村, 佳子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
山田, 佑子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
可児, 耕一 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
高野, 栄之 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
茂木, 勝美 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
桃田, 幸弘 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松本, 文博 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
東, 雅之 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
専門的口腔ケア
精神疾患
口腔衛生状態
誤嚥性肺炎
発熱日数
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
For patients with mental diseases, safe food-intake and the maintenance of good oral hygiene become difficult due to a decline in the ability of daily livings. In addition, a majority of patients suffer from the lack of reflection of both deglutition and cough as well as clinical silent aspiration, resulting from the extrapyramidal symptom (EPS) caused by antipsychotics.
In this clinical study, we evaluated the oral environment in 10 inpatients with psychiatry neurology, and examined the usefulness of professional oral care. They were divided into 2 groups: the physical restriction group (restriction group) and the non-physical restriction group (control group), followed by the estimation of the conditions of oral hygiene and the days accompanied by fever, one of the symptoms of aspiration-related pneumonia, before and after professional oral care intervention.
As a result, restriction group had poor oral hygiene condition as compared to the control group. After professional oral care intervention, oral hygiene condition was significantly improved in the restriction group, and reached to the same levels as in the control group. The days with fever were 7.3 and 5.0 days per month in the restriction group before and after the intervention, respectively. In the control group, those were 0.6 and 0 day per month before and after intervention, respectively. The cause of the difference in days with fever between 2 groups was considered to be the effect of clinical silent aspiration by EPS induced by antipsychotics.
The professional oral care contributed to the improvement of the oral hygiene in inpatients with psychiatry neurology, resulting in the reduction of aspiration-related pneumonia. Therefore, the role of dentistry in the field of psychiatry neurology would be inevitable in the future.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
25
2
開始ページ
55
終了ページ
60
並び順
55
発行日
2013-01-31
備考
P.55著者英語表記を Kani, Kouiti から Kani, Koichi、
Motegi, Katumi から Motegi, Katsumi、
Matumoto, Fumihiro から Matsumoto, Fumihiro へ書き換えた。
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
歯学系