ID 109867
タイトルヨミ
ノウソッチュウ カンジャ ノ コウクウナイ ショケン ト シカ カイニュウ ノ ユウヨウセイ ニツイテ
タイトル別表記
Oral Status and Usefulness of Dental Intervention in Stroke Patients
著者
青田, 桂子 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
武川, 大輔 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
十川, 悠香 徳島大学病院診療支援部
山ノ井, 朋子 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧
高野, 栄之 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
可児, 耕一 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松本, 文博 徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
桃田, 幸弘 徳島大学病院口腔管理センター|徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
河野, 文昭 徳島大学病院HBS 研究部総合診療歯科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
松尾, 敬志 徳島大学病院HBS 研究部歯科保存学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
東, 雅之 徳島大学病院口腔管理センター|徳島大学病院HBS 研究部口腔内科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
脳卒中
口腔管理
肺炎
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
We analyzed the need for dental intervention in patients with acute cerebral vascular disorders. In this study, we enrolled 43 individuals in SCU (male: 28, female: 15) in need of oral health management. The mean age of the patients was 68.0 ± 14.9. They had been diagnosed as cerebral infarction, cerebral hemorrhage, subarachnoid hemorrhage, or transient ischemic attack. Thirteen subjects were affected with pneumonia and could not handle self-care management. Furthermore, 10 subjects had poor oral hygiene. There were clearly more pneumonia patients in the intubation group compared to the non-intubation group. In addition, 18 cases (41.9%) needed dental treatment, and 5 cases received dental treatment. Patients with acute stroke had poor oral hygiene with disturbance of consciousness and paralysis, suggesting a possible cause of pneumonia in these patients. Half of patients required dental intervention, indicating that oral management may be necessary for stroke patients to prevent the occurrence of pneumonia.
掲載誌名
Journal of Oral Health and Biosciences
ISSN
21887888
cat書誌ID
AA12713630
出版者
四国歯学会
28
1
開始ページ
37
終了ページ
41
並び順
37
発行日
2015-07-10
備考
P.37著者英語表記に誤植(誤)Takeshi MATSUO(正)Takashi MATSUO。
7月発行だが、6月号である。
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
歯学系