ID 109794
タイトルヨミ
ガク カンセツショウ カンジャ ニオケル MR ガゾウ ショケン ト リンショウ ショケン ノ ヒカク ケントウ
タイトル別表記
Correlation between Magnetic Resonance Image Evaluation and Clinical Findings in Patients with Temporomandibular Disorders
著者
松本, 文博 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科口腔外科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
石川, 輝明 徳島大学医学部・歯学部附属病院高次歯科診療部
竹内, 久裕 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科(かみあわせ補綴科) KAKEN研究者をさがす
藤澤, 健司 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科口腔外科 KAKEN研究者をさがす
細木, 秀彦 徳島大学医学部・歯学部附属病院歯科(歯科放射線科) 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
羽田, 勝 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔保健福祉学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
中野, 雅徳 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔機能福祉学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
MRI
顎関節症
臨床統計
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Two hundred eighteen (28.4%) of 768 patients with temporomandibular disorders (TMD), who visited the Clinic for Temporomandibular Disorders, Tokushima University Medical and Dental Hospital during the period of January 2006 through December 2007, were examined using magnetic resonance (MR) imaging. The present study assessed clinico-statistically the correlation between MR images and the clinical findings of 157 patients with complete registered data in our TMD reporting system. The following findings were obtained:
1. MR imaging showed anterior disk displacement in 125 joints (67.9%), rotational disk displacement in 45 joints (24.5%), and sideways disk displacement in 13 joints (7.1%).
2. Joint effusion (JE) was found in 42.7% of 157 patients; 48.0% in females and 23.5% in males.
In addition, anterior or rotational disk displacement was observed in 97% of patients with JE. Furthermore, condyle bone change was significantly higher in joints with than without JE.
3. The appearance of JE was significantly higher on the symptomatic side than the asymptomatic side, but tenderness of the temporomandibular joint (TMJ) area or the value of the visual analog scale (VAS) regarding pain and problems in daily life was not related to the presence of JE.
掲載誌名
四国歯学会雑誌
ISSN
09146091
cat書誌ID
AN10050046
出版者
四国歯学会
22
2
開始ページ
167
終了ページ
172
並び順
167
発行日
2010-01-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
歯学系