アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 112181
タイトル別表記
Organization for higher education and Life-long learning in Korea : Case studies of approaches in some universities and outlook of key factors in future
著者
瀧口, 惠子 慶北大学
光永, 雅子 徳島大学
資料タイプ
紀要論文
抄録
深刻な少子高齢化社会の問題を抱えている韓国では,生涯教育の充実は極めて重要な社会問題として認識されており,様々な形態の生涯教育の取り組みが行われている。ソウル大学,慶北大学,釜山大学などの主要な大学も,様々な形で生涯教育に携わっており,それぞれ独自のコンセプトを持ちながら,新しい生涯教育の形を模索している。また,韓国放送大学では放送メディアやインターネットを用いて,多様な授業を提供している。さらに大学が特定の地域と関わりながら,地域の活力を引き出す形式の生涯教育の例として,ソウル大学が主催して毎年開催されている国際珍島学会がある。この学会において地域住民が地域に残る伝統の葬礼文化を披露しており,地域文化の継承と発展のために自ら学ぶ生涯学習として機能している。さらにその成果が,地域振興のために活用されている。このように,韓国の高等教育機関が関わりながら生涯教育をより充実させて社会資本としていくための取組を,今後どのように発展させて行くかが今後の課題である。
抄録別表記
Korea has severer problems facing an aging society with a falling birthrate. Under this situation, development of life-long learning is considered to be an important social problems and many programs for life-long learning are run in various styles. Major universities such as Seoul National University, Kyungpook National University and Pusan National University have own original programs with specific concepts for life-long learning. On the other hand, Korea national open university provides many kinds of lectures over broadcast and internet. Furthermore, Seoul National University has a annual program with international conference in Jindo where many members of the local community participate with high motivation for life-long learning. Members of the local community make many efforts for developing the skill for traditional funeral ceremony cultures by their own effort as life-long learning and transferring to the next generation, and the increase of number of tourists result in regional development. Thus, how to develop the system for life-long learning and utilize for development of social capital is the key factor by organization of higher education in Korea.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
20
開始ページ
43
終了ページ
56
並び順
43
発行日
2011-03-31
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
教養教育院