ID 82698
タイトルヨミ
Meaningfulナ ゴガク ガクシュウ センター ニ ムケテノ ショドウ チョウサ : エイゴ サポート ルーム ノ 4 ツ ノ ホウシン
タイトル別表記
Initial Investigation of a Meaningful Language Learning Center : Four Principles of our English Support Room
著者
福田, スティーブ利久 徳島大学全学共通教育センター KAKEN研究者をさがす
キーワード
英語教育
語学自習室
自己決定理論
資料タイプ
一般雑誌記事
抄録
大学を取りまく国際化がますます大きなものとなっている。英語教育の充実は欠かせない。本学でも英語教育の充実は優先的課題といえる。英語学習を支援するために2008年7月にEng1ishSupport Roomを発足した。開始以来、英語コミュニケーションを体験するための場、英語の自主学習を行うための場、英語学習に関する相談・指導、英会話講座、語学試験対策講座、英語基礎講座などの課外授業の提供が主に展開している。ESRは4つの方針を持っての発足になった。3つの方針はDeci&Ryanの自己決定理論の心理的欲求の「自律性・有能性・関係性」である。それに加えて、「環境づくり」から始まったESRである。今回の初動調査の結果からは4つの方針中3つの方針:有能性・関係性・環境づくりを強く支持することができたと解った。自律性に関してはこれから検討していくものとする。しかし、今回のアンケート結果を見るとESRは学生にとってMeaningfulな学習時聞と場を提供しているといえる。
抄録別表記
With the importance of English skills getting stronger each year. in July of 2008. the Center for General Education of the Univesity of Tokushima established an Language Learning Center. The initial implementation was based on the three psychological needs of the Self-Determination Theory (1): Autonomy. Competence,and Relatedness,in addition to a third; Relaxed Environmet. These principles have led us to believe that we have created a meaningful learning environment for language learners. A questionnaire of these principles was administered to a few of the 650 [December 2008)learners. The results show that three of the four principles. Competence. Relatedness,and Relaxed Environment. were maintained strongly showing the effediveness of our Language Learning Center. However,though showing high results on individual items, the Cronbach Alpha showed a low reliability suggesting further investigation on the principle of Autonomy.
掲載誌名
大学教育研究ジャーナル
ISSN
18811256
cat書誌ID
AA1199130X
6
開始ページ
120
終了ページ
128
並び順
120
発行日
2009-03
フルテキストファイル
言語
eng
部局
国際センター
総合科学系