ID 109760
タイトルヨミ
シロリムス ヨウシュツ ステント リュウチ 7ネンゴ ニ ハジメテ ゾウエイザイ ステント シュウイ シミダシゾウ オ ミトメタ イチレイ
タイトル別表記
A case report of late acquired peri-stent contrast staining seven years after sirolimuseluting stent implantation
著者
松本, 和久 徳島大学病院卒後臨床研修センター
高島, 啓 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
山口, 浩司 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
若槻, 哲三 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
西條, 良仁 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
高木, 恵理 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
原, 知也 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
斎藤, 友子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
小笠原, 梢 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
坂東, 美佳 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
坂東, 左知子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
松浦, 朋美 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
伊勢, 孝之 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
發知, 淳子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
木村, 恵理子 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学
飛梅, 威 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
八木, 秀介 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
岩瀬, 俊 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 KAKEN研究者をさがす
山田, 博胤 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
添木, 武 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
佐田, 政隆 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部循環器内科学 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
coagulation
dual antiplatelet therapy
peri-stent contrast staining
sirolimus eluting stent
very late stent thrombosis
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
A 74-year-old man who had a history of percutaneous coronary intervention [left anterior descending coronary artery #6‐7, sirolimus eluting stent (SES) (Cypher stent,3.0×18mm), left circumflex coronary artery #13, SES (Cypher stent, 2.5×23mm)] for angina pectoris experienced chest pain on effort after seven years from the coronary intervention. He was introduced to our hospital and coronary angiography revealed late acquired peri-stent contrast staining (PSS), which is defined as an angiographical finding of contrast medium stain outside the stent being >20% of the stent diameter, in the SES of the left anterior descending artery.
Drug-eluting stent (DES) significantly inhibits neointimal proliferation, thereby significantly reducing in-stent restenosis. However, the risk of very late stent thrombosis has become a major problem after the DES implantation against the bare-metal stent implantation.
PSS has been reported that PSS after SES implantation could predict late stent thrombosis and incomplete stent apposition of the lesion with PSS.
In this case, PSS was pointed out for the first time in seven years after SES implantation nevertheless it did not be pointed out in three years. The mechanism and prognosis of PSS is unclear. But, we found the increase in local coagulation at the coronary artery in this case and the degree of prothrombin fragment F1+2, one of the coagulation marker, was greater in seven years after SES implantation than in three years. We thought these findings might reflect that PSS after SES implantation was associated with very late stent thrombosis. So we started the dual antiplatelet therapy for the prevention of stent thrombosis.
Careful long-term observation might be recommended in patients with late acquired PSS and elevated local coagulation response following SES implantation.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
70
3-4
開始ページ
93
終了ページ
98
並び順
93
発行日
2014-08-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系