ID 112222
タイトル別表記
The significance of experience to a psychotherapy aiming for mental health promotion at an extension course
著者
藤原, 朝洋 徳島大学
資料タイプ
紀要論文
抄録
本報告では,徳島大学大学開放実践センターにおける公開講座で健康づくりを目的とした心理療法を体験することが参加者にとってどのような意義があったのかについて検討した。7名の参加者に対して,健康づくりを目的とした心理療法を実施し,その感想と実施前後の抑うつ傾向と人生満足度の分析をおこなった。その結果,参加者の抑うつ傾向と人生満足度の肯定的変化が確認された。参加者間の交流を基礎とした心理療法の体験が参加者に様々な気づきを促したことがその要因として考えられる。
抄録別表記
The purpose of this report is to discuss the significance of experience to a psychotherapy aiming for mental health promotion, which was held at an extension course of Center for University Extension. Seven participants experienced psychotherapy aiming for health promotion. Analyzed participants’ Impression reports, score of Depression Scale and Morale Scale, it showed an Improvement in participants’ depression tendency and morale. It is assumed that this improve was caused by their various notice which is brought from experience of psychotherapy based on the communication among participants.
掲載誌名
大学開放実践センター紀要
ISSN
09158685
cat書誌ID
AN10362515
出版者
徳島大学大学開放実践センター
26
開始ページ
27
終了ページ
37
並び順
27
発行日
2017-03-31
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
保健管理・総合相談センター
総合科学系