アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 115200
タイトル別表記
The Meaning of Looking Back on Life for Middle-Aged and Elderly People in University Open Lectures
著者
キーワード
中高年
回想法
グループワーク
資料タイプ
紀要論文
抄録
中高年期の健常成人を対象として,徳島大学人と地域共創センターの公開講座「発達心理学を用いて過去から未来へ」の中で回想法を用いたグループワークを行った。2019 年度は,講座開催回数5 回のうち,心理検査の実施が2 回,グループ回想法実施が2 回であった。心理検査結果の説明後,それぞれ自分のパーソナリティに関する質問があった。回想法では,それぞれの人生の切片が語られた。心理検査結果の理解を通してそれぞれ自分のパーソナリティへの理解が深まった。グループでの分かち合いでは,それぞれが語った内容の共有を通して,それぞれの人生の見直しが語られ,これからの残りの人生を考えて行きたいという意見があった。
抄録別表記
The author conducted a course entitled “From the past to the future using developmental psychology” in the university’s open studies program at the Center for Community Engagement and Lifelong Learning of Tokushima University using the reminiscence method. The object was healthy middle-aged and old people. In the year 2019, 5 lectures were given. Among them, psychological tests were performed twice and group reminiscence methods were conducted twice as well. After explaining the psychological tests results, each of the participants asked questions about their own personality. On the reminiscence method, each one of the participants related one personal experience. As for the psychological test, after the explanation and understanding of the results, each one fostered a better understanding of his personality. In the group of the reminiscence method, review of each one’s life was carried on through the sharing of all the participants. Someone manifested the desire of continuing this thinking for the rest of the life.
掲載誌名
人と地域共創センター紀要
ISSN
24351822
24352195
cat書誌ID
AA12890261
出版者
徳島大学人と地域共創センター
29
開始ページ
33
終了ページ
43
並び順
33
発行日
2020-03-31
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
総合科学系