アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 109619
タイトルヨミ
タンカンナイ シュヨウセン オ ミトメ ゲンパツセイ カンナイ タンカンガン トノ カンベツ オ ヨウシタ イジセイ ダイチョウガン カンテンイ ノ 1セツジョレイ
タイトル別表記
A case of Liver Metastasis with Biliary Tumor Thrombus from Colon Cancer with Difficult Differentiating from Cholangiocellular Carcinoma
著者
三宅, 秀則 徳島市民病院外科
金村, 普史 徳島市民病院外科
花岡, 潤 徳島市民病院外科
小林, 愛貴美 徳島市民病院外科
松本, 規子 徳島市民病院外科
三好, 孝典 徳島市民病院外科
黒田, 武志 徳島市民病院外科
尾形, 頼彦 徳島市民病院外科
日野, 直樹 徳島市民病院外科
山崎, 眞一 徳島市民病院外科
惣中, 康秀 徳島市民病院外科
露口, 勝 徳島市民病院外科
清久, 泰司 徳島市民病院中央検査科病理部
工藤, 英治 徳島市民病院中央検査科病理部
キーワード
colon cancer
liver metastasis
biliary tumor thrombus
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
The patient was a 68-year-old man who had undergone right hemicolectomy for ascending colon cancer, and pulmonary resection for lung metastases. After 10 months of operations, abdominal computed tomograms revealed a liver tumor with a biliary tumor thrombus in the segment 5 and a localized dilation of the intrahepatic bile duct. Endoscopic retrograde cholangiopancreatography showed obstruction, 2cm long, of the intrahepatic bile duct (B5) and dilation of the peripheral duct. Cytological examination of extracted bile showed adenocarcinoma. A right hepatic lobectomy was performed under the diagnosis of metastatic liver tumor with tumor development in the intrahepatic bile duct or intrahepatic cholangiocarcinoma. The resected specimen showed massive infiltration of the tumor into intrahepatic bile duct (B5) with forming a tumor thrombus. Histologically, the tumor was moderately differentiated adenocarcinoma, similar to the ascending colon cancer. The final diagnosis was liver metastasis of ascending colon cancer with intrabiliary tumor growth.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
69
1-2
開始ページ
83
終了ページ
88
並び順
83
発行日
2013-04-25
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系