ID 110546
タイトルヨミ
コウド ヒマン ニヨル ヒカ ウメコミシキ CVポート ノ ヘンイ ガ ゲンイン トナリ カテーテル イツダツ オ キタシタ 1レイ
タイトル別表記
A case of catheter dislocation by displacement of implantable port caused by obesity
著者
藤井, 正彦 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
三宅, 秀則 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
佐々木, 克哉 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
高木, 敏秀 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
吉川, 幸造 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
田代, 征記 徳島大学医学部器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧
キーワード
implantable port
dislocation
obesity
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
A totally implantable venous access system is evaluated to be safe and useful. We report a case of dislocation of catheter by displacement of implantable port caused by obesity. A 30-year-old woman was implanted a venous access system by subclavian approach and the port was placed into subcutaneous tissue of chest-wall. At 10 days after operation, chest X-P revealed displacement of the port by change of her posture. At the standing position, the port moved about 6 cm in the direction of caudate side, and the tip of catheter was just likely to be dislocated. Then we inserted a catheter via median vein and implanted a port into subcutaneous tissue of forearm. This catheter was not moved by change of her posture. It was considered that a peripheral vein approach was useful in case a subclavian vein aproach was unsuitable.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
58
3
開始ページ
174
終了ページ
177
並び順
174
発行日
2002-06-15
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
病院
医学系