アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 74516
タイトルヨミ
リュウシケイ オヨビ ソセイ オ セイギョ スル コト ニヨル ユビキタス ブッシツ ノ コウキノウカ : LaTiO2N ケイ サンチッカブツ ノ コウガク トクセイ ノ セイギョ
タイトル別表記
Highly-functioned materials synthesized from ubiquitous sources by controlling the particle size and composition
著者
森賀, 俊広 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部先進物質材料部門|徳島大学大学院先端技術科学教育部化学機能創生コース|徳島大学工学部化学応用工学科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
間嶌, 亮太 徳島大学大学院先端技術科学教育部化学機能創生コース
山田, 万侑 徳島大学大学院先端技術科学教育部化学機能創生コース
安藤, 秀仁 徳島大学工学部化学応用工学科
川﨑, 友興 徳島大学工学部化学応用工学科
増田, 幸弘 徳島大学大学院先端技術科学教育部化学機能創生コース
村井, 啓一郎 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部先進物質材料部門|徳島大学大学院先端技術科学教育部化学機能創生コース|徳島大学工学部化学応用工学科 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
oxynitride
(non)stoichiometry
bandgap
reflectivity
XPS
particle size
資料タイプ
紀要論文
抄録
Some Perovskite-type LaTiO2+xN1-x with anion nonstoichiometry were prepared by heating
an oxide precursor under ammonia atmosphere and successively annealed under diluted
ammonia. Increasing O/N ratio enhances the optical bandgap of the oxynitrides. A series
of perovskite-type LaTiO2N materials with compositions a slightly deviated from the
stoichiometric metal composition was also prepared. Increasing Ti/La ratio in
La1-xTi1+xTiO2N results in deterioration of reflectivity in the longer wavelength region above
the absorption edge. A substitution of La by Sr was effective in the enhancement of
reflectivity there. Though the increase of O/N ratio in the LaTiO2+xN1-x series was found to
cause oxidation of titanium by means of XPS spectroscopy, the valence state of titanium did
not change in either the La1-xTi1+xO2N or the La1-xSrxTiO2N series. The increase in Ti/La
ratio in the La1-xTi1+xO2N brought the grain/particle growth, which seemed to result in the
deterioration of reflectivity.
掲載誌名
徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告
ISSN
21859094
cat書誌ID
AA12214889
54
開始ページ
11
終了ページ
16
並び順
11
発行日
2009
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
理工学系