アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 98220
タイトルヨミ
アンゼンナ フククウキョウカ タンノウ テキシュツジュツ ノ タメ ノ ジュツゼン ガゾウ シンダン ノ ヤクワリ
タイトル別表記
Preoperative imaging diagnosis for laparoscopic cholecystectomy
著者
藤井, 正彦 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
森根, 裕二 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
居村, 暁 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
池本, 哲也 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
副島, 雄二 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野
島田, 光生 徳島大学大学院器官病態修復医学講座臓器病態外科学分野 徳島大学 教育研究者総覧 KAKEN研究者をさがす
キーワード
laparoscopic cholecystectomy
complication
preoperative imaging diagnosis
CT
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
Laparoscopic cholecystectomy becomes one of the standard procedures for digestive surgeons. There is consensus that careful dissection and correct elucidation of the anatomy avoids the complications during cholecystectomy. From May 1991 to March 2005, 433 cases of laparoscopic cholecystectomy were retrospectively analyzed. Conversion to open cholecystectomy was required in 19 cases(4.4%)and the rate of vascular injury or bile duct injury was 0.7% each. CT angiography was effective for preoperative evaluation of vascular anatomy. In many cases, middle hepatic vein was located near gallbladder bed. CT cholangiography was also useful for obtaining information of the biliary tract. Careful evaluation of preoperative CT angiography and cholangiography contributes to decrease the risk of complications during laparoscopic cholecystectomy.
掲載誌名
四国医学雑誌
ISSN
00373699
cat書誌ID
AN00102041
出版者
徳島医学会
62
1-2
開始ページ
38
終了ページ
42
並び順
38
発行日
2006-04-25
備考
フルテキストファイル
言語
jpn
部局
医学系
病院