アクセス数 : ?
ダウンロード数 : ?
ID 113186
タイトル別表記
The effects of chemotherapy-induced alopecic experience on daily living
著者
三原, 典子 徳島大学
宮下, 茉記 神戸大学
寺岡, 知里 兵庫県立淡路病院
梅村, 知佳 済美会昭和病院
三木, 幸代 徳島大学
キーワード
がん化学療法に伴う脱毛
内容分析
情報提供
chemotherapy-induced alopecia
content analysis
provision of information
資料タイプ
学術雑誌論文
抄録
がん化学療法に伴う脱毛体験が患者の日常生活にもたらす影響について明らかにすることを目的に,15名の患者に対して自由回答法による半構造化面接を実施した.同意を得て録音した面接内容の逐語録をデータとして,Krippendorff. Kの内容分析の手法を用いて分析を行った.分析の結果,がん化学療法に伴う脱毛体験が患者の日常生活にもたらす影響として,【脱毛した自分に違和感を感じながら人目を気にして生活する】【脱毛に備えて事前に準備する】【脱毛は仕方がないと捉え治療を受けることを優先させる】【予想以上の急速大量脱毛にがんであることの事実を突きつけられる】【時間をかけて脱毛の事実を受け入れ違う捉え方を見出す努力をする】【他者と距離を取りながら生活する】【立場,性差による脱毛の捉え方の違いを実感する】【脱毛した毛髪の処理を気にかけながら生活する】【脱毛のつらい経験から検診の啓蒙活動を行う】の9つが明らかとなった.脱毛に対して事前に十分な準備が行え,自分なりの対処法についてイメージできるよう具体的な情報提供を行うとともに,性差,治療効果や患者の治療への思いなどによって脱毛に対する捉え方はさまざまであることから,看護師はその人自身の脱毛の受け止め方や,脱毛が及ぼす生活への支障について把握し,必要な情報を提供することや患者の思いが表出しやすい環境を整えることが大切である.
抄録別表記
The present study aimed to clarify the effects of chemotherapy-induced alopecia on the daily lives of cancer patients. Semi-structured interviews comprising free-answer questions based on an interview guide were conducted on 15 cancer patients experiencing chemotherapy-induced alopecia. Analysis revealed the following 9 effects of chemotherapy-induced alopecia on patients’ daily lives : ‘self-consciousness accompanied by feeling strange about oneself due to hair loss’, ‘preparing for hair loss in advance’, ‘prioritizing treatment and perceiving hair loss as inevitable’, ‘come to terms with chemotherapy-induced alopecia gradually, make an effort to find out a different kind of ways for it’, ‘being hit by the reality of cancer due to greater than anticipated rapid loss of large quantities of hair’, ‘intentionally living daily life at a distance from others’, ‘recognizing the situation and the gender-based differences in perception of hair loss’, ‘worrying about disposing of the lost hair’, ‘becoming more informed about medical examinations due to the hard experience of hair loss’. The present findings indicated that chemotherapy-induced alopecia is perceived in various ways depending on gender, treatment effectiveness and patients’ feelings towards treatment. It is important for nurses to understand patients’ individual acceptance of alopecia and related difficulties in daily life while creating an environment that allows patients to express their feelings. Nurses should also provide specific information enabling patients to visualize personal coping techniques and sufficiently prepare for alopecia.
掲載誌名
The Journal of Nursing Investigation
ISSN
13483722
24342238
cat書誌ID
AA11937122
出版者
徳島大学医学部
11
1-2
開始ページ
14
終了ページ
23
並び順
14
発行日
2013-03-29
EDB ID
フルテキストファイル
言語
jpn
著者版フラグ
出版社版
部局
医学系